TEXT関数の使い方|数値を書式記号で文字列に変換

TEXT関数の使い方
Excel関数

TEXT(テキスト)関数の使い方|数値を書式記号で文字列に変換

使用関数:TEXT

TEXT関数とは?

TEXT(テキスト)関数は数値・日付・時刻などに指定した表示形式を適用し、文字列として返します。表示形式を組織する書式記号の組み合わせ次第で、いろいろな文字列を表示することができます。

TEXT関数の使い方

変換後の表示形式を入れるセルを選択し、「数式」タブ「関数ライブラリ」の「文字列操作」の一覧から「TEXT」をクリックします。
「数式」→「関数ライブラリ」→「文字列操作」の一覧から「TEXT」をクリック

TEXT関数の引数と書式

TEXT関数で設定する引数は二つ。対象となる数値と、変換する表示形式です。
TEXT関数の書式は以下のようになります。
TEXT関数の書式

TEXT関数の表示形式

日付(月・日・曜日)の表示形式

TEXT関数の引数ダイアログボックスが開いたら、第一引数「」の欄に対象となる数値――例えば、日付の入ったセルをクリックします。
TEXT関数の引数「値」に日付の入ったセル参照
続いて、ダイアログボックスの「表示形式」の欄に「m月」と入れてみましょう。(※ダブルクォーテーション「"」は自動で入るので入力する必要はありません)
TEXT関数の表示形式を"m月"と指定
「OK」すると、セルに「9月」と表示されます。
数式は「=TEXT(B2,"m月")」です。

TEXT関数の「表示形式」を「“aaaa”」とすれば「月曜日」と表示され、「“m月d日”」とすれば「9月23日」と表示されます。
TEXT関数の表示形式を"aaaa"とすれば月曜日、"m月d日"とすれば9月23日と表示

日付の「月」、「曜日」、「月日」の形式がそれぞれ以下のように表示されます。
TEXT関数による日付の「月」、「曜日」、「月日」の表示

時刻(時・分・AM/PM・時間)の表示形式

時刻の表示形式を変換してみましょう。
変換後の時刻を表示するセルを選択し、TEXT関数の引数ダイアログを開いて「表示形式」の欄に「“h時mm分”」と入力、時刻が「10時30分」の表示になります。
TEXT関数の表示形式を"h時mm分"と指定

午前午後を分ける「AM/PM」で時刻を表示する場合は「表示形式」に「“h:mm AM/PM”」と指定、時刻が「2:30 PM」の表示になります。
TEXT関数の表示形式を"h:mm AM/PM"と指定

経過した時間を表示する場合は「表示形式」に「“h時間”」と指定、「4時間」の表示になります。
TEXT関数の表示形式を"h時間"と指定
時刻・時間の形式がそれぞれ以下のように表示されます。
TEXT関数による時刻と時間の表示

金額(¥・円)の表示形式

金額の数値の表示形式です。TEXT関数のダイアログで「表示形式」を「“¥#,##0”」に設定、「¥1,250」と表示されます。
TEXT関数の表示形式を
表示形式」を「“#,##0円”」に設定すれば、「1,250円」と表示されます。
TEXT関数の表示形式を"#,##0円"に設定
金額の形式がそれぞれ以下のように表示されます。
TEXT関数による金額の表示

金額(カンマ)の表示形式

表示形式」の設定にカンマを一つ入れると「千」単位になります。「123456」の数値で「“0.00, 千円”とすれば、「123.46 千円」と表示されます。
表示形式」の設定にカンマを二つ入れると「百万」単位になります。「12345678」の数値で「“0.00, 百万円”とすれば、「12.35 百万円」と表示されます。
TEXT関数の表示形式でカンマを入れて「千」「百万」単位を表示
この表示は以下のようになります。
TEXT関数による千円・百万円の表示

その他の主な表示形式の一覧

日付・曜日

「値」→ 2021/11/6

yyyy西暦4桁2021
yy西暦2桁21
e和暦の年3
ggg和暦の元号を表示令和
mmmm月を英語で表示November
mmm月の英語の短縮形Nov
dd日付を2桁で表示06
aaa曜日の短縮形
dddd曜日を英語で表示Saturday
ddd曜日の英語の短縮形Sat

時刻・時間

「値」→ 2:30:10

hh時間2桁02
hh:mm時:分02:30
ss秒2桁10
[mm]:ss時間を分・秒で表示150:10

TEXT関数を応用して文字列を連結

文字列を連結させる時、それぞれのデータの表示形式を書式設定で変換してからつなぐのは面倒。TEXT関数を数式に組み込んで連結させれば手間が省けます。
この例ではCONCAT関数の引数にTEXT関数を入れ子して、他の文字列と連結させます。

TEXT関数の「値」に誕生日の日付のセルを指定、「表示形式」を「”m月生まれの”」としました。
入れ子するTEXT関数の引数の指定
この数式「TEXT(B7,”m月生まれの”)」をCONCATのテキスト1に入力し、他のセル参照や文字列と結合させました。
TEXT(B7,"m月生まれの")を入れ子したCONCATの引数ダイアログ
表示形式を書式設定で変換してから連結させるよりスムーズですね。
TEXT関数の応用で連結させた文字列

タイトルとURLをコピーしました