PRODUCT(プロダクト)関数の使い方|複数の数値を掛け算

Excel(エクセル)PRODUCT(プロダクト)関数の使い方|複数の数値を掛け算
Excel関数

Excel(エクセル)PRODUCT(プロダクト)関数の使い方|複数の数値を掛け算

使用関数:PRODUCT

PRODUCT(プロダクト)とは?

PRODUCTは数学で「積(掛け算の答え)」を意味します。その名の通り、掛け算に特化した関数で指定した数値の積を求めます。
特に連続した範囲の数値をまとめて掛け算するのに役立ちますし、離れたセル、飛び飛びのセルをまとめて掛け算することもできます。

エクセルで掛け算するときは四則演算のアスタリスク「*」を使うのが基本ですが、複数の範囲に及ぶ掛け算では数式が長くなり、ミスを引き起こしやすいので、PRODUCT関数で計算することをお勧めします。

PRODUCT関数の使い方

PRODUCT関数は「数式」タブ「関数ライブラリ」→「数学/三角」に格納されています。
「数式」タブ「関数ライブラリ」→「数学/三角」→「PRODUCT」

PRODUCT関数の計算式は =PRODUCT(数値1,数値2,…)引数の「数値」は1~255まで指定できます。

連続した範囲をPRODUCT関数で掛け算する

複数のセル範囲をまとめて掛け算する例です。
商品の仕入れ単価、セットにする数量、掛け率を掛け算して、販売価格を求めます。

「販売価格」の最初のセルを選択して、PRODUCT関数の引数のダイアログを開き、第一引数「数値1」に「商品の仕入れ単価」「セット個数」「掛け率」のセル範囲を指定します。
PRODUCT関数の第一引数「数値1」に「商品の仕入れ単価」「セット個数」「掛け率」のセル範囲を指定
計算式を下までオートフィルコピーします。
PRODUCT関数の計算式を下までオートフィルコピー

離れたセル、飛び飛びのセルをPRODUCT関数で掛け算する

離れているセル同士、飛び飛びになっているセル範囲をまとめて掛け算する例です。
商品の単価、数量、消費税(+1)を掛け算して、税込金額を求めます。

「金額」の最初のセルを選択して、PRODUCT関数の引数のダイアログを開き、第一引数「数値1」に「単価」のB3セル、「数値2」に「数量」のD3セルを指定します。
「数値3」には「消費税8%」のB1セルを指定し、F4キーで絶対参照にして、「+1」を付加します。
PRODUCT関数の「数値1」「数値2」「数値3」に飛び飛びのセルを指定
計算式を下までフィルコピーします。
PRODUCT関数の計算式をフィルコピー

PRODUCT関数のまとめ

  • PRODUCTは複数の数値をまとめて掛け算する関数です。
  • 引数は「数値1」「数値2」「数値3」・・・連続したセル範囲も飛び飛びに離れたセル同士も掛け算できます。
  • まとめて掛け算した数値を一気に合計するSUMPRODUCT関数は、PRODUCTの進化系で更に便利です。
タイトルとURLをコピーしました