MINUTE関数の使い方|時刻・時間から「分」の数字のみを抽出

Excel(エクセル)MINUTE関数の使い方
Excel関数

Excel(エクセル)MINUTE関数の使い方|時刻・時間から「分」の数字のみを抽出

使用関数:MINUTE

MINUTE(ミニット)関数とは?

MINUTE関数は時刻から「分」に当たる数字のみを抽出します。同じ日付/時刻の関数で、数字から時刻を作るTIME関数とは逆の機能です。MINUTE関数で抜き出した数値は時刻の情報(シリアル値)は持っていません。

時刻から「時」に当たる数字を抽出するにはHOUR関数を使います。

HOUR関数の使い方|時刻・時間から「時」の数字のみを抽出
時刻から「時」の数字のみを抜き出して表示するHOUR関数の使い方を初心者にも分かりやすく解説。HOUR関数で0が返る場合、HOUR関数で24時間以上を指定した場合と24時間以上の「時」を表示させる方法など。

時刻から「秒」に当たる数字を抽出するにはSECOND関数を使います。

SECOND関数の使い方|時刻・時間から「秒」の数字のみを抽出
時刻から「秒」の数字のみを抜き出すSECOND関数の使い方を初心者にも分かりやすく解説。SECOND関数の引数シリアル値の指定方法、ミリ秒まで含む秒数を表示させる方法、SECOND関数の結果を「06」のように0を付けて二桁にする方法など。

MINUTE関数の引数と書式

「数式」タブ「関数ライブラリ」→「日付/時刻」→ MINUTEをクリックします。
「関数ライブラリ」→「日付/時刻」→ MINUTE
MINUTE関数の引数は「シリアル値」です。

時刻のシリアル値は、24時間を「1」として0~1の間の小数で表されます。12:00は「0.5」、18:00は「0.75」です。
主な時刻と対応するシリアル値
シリアル値を足し算・引き算することで経過時間を計算したり、2時間後や1時間前の時刻を簡単に取得することができます。シリアル値は「表示形式」によって時刻のスタイルで表示されます。「6時00分」「6:00」「6:00 AM」は全て同じシリアル値「0.25」です。表示が違っても、並べ替えや計算にはこの数字が使われます。

MINUTE関数の書式の構成はこうなります。
MINUTE関数の書式の構成

MINUTE関数で「分」を取り出す

MINUTE関数の引数「シリアル値」に時刻を指定します。
MINUTE関数の引数「シリアル値」に時刻のセルをクリックで指定
MINUTE関数の結果は0~59までの整数で返されます。
MINUTE関数で分を取り出した結果

「シリアル値」にはセル参照の他、直接シリアル値そのものを数値で指定したり、時刻を表す文字列を「” “」で囲って指定することもできます。
MINUTE関数の引数「シリアル値」にシリアル値や時刻文字列を直接入力

MINUTE関数の戻り値が0になる

MINUTE関数で0が返るケースで、以下の「4PM」は分の情報がありません。この場合は00分を指定したと見なされて0が返ります。2行目は日付だけが入力されていて時刻の指定がありません。この場合は0:00が指定されたものと見なされて0が返ります。
MINUTE関数で0が返るケース

MINUTE関数に60分以上を指定

60を超えた数値の時刻・時間をMINUTE関数に指定すると、60で割り算した余りの数値が返ります。

例えば「65:34(65分34秒)」からMINUTE関数で分を取り出すと「5」になります。「65:34」が入力されたセルの数式バーには「1:05:34」と表示されています。60分以上になると「時」に「1」が繰り上がります。「65:34」をHOUR関数に指定すると結果は「1」です。
60分以上は1時に繰り上がる

「65分」を取り出すためにはMINUTE関数ではなく「セルの書式設定」を使います。
セルを複製して「表示形式」の「ユーザー定義」で「種類」を[mm]と指定すれば「65」が表示されます。
「セルの書式設定」→「表示形式」の「ユーザー定義」で「種類」に[mm]を設定

MINUTE関数の結果を二桁にする

MINUTE関数の結果は0~59の整数で表示されることは既に書きました。一桁の数字を時間表示らしく0を頭につけて「04」のように二桁で表示させるには、やはり「セルの書式設定」の表示形式で実装します。

例えば「10:04:47」からMINUTE関数で分を取り出すと「4」になります。これを「04」にするために「セルの書式設定」「表示形式」の「ユーザー定義」で「種類」を00と指定すれば「04」と表示されます。
「セルの書式設定」→「表示形式」の「ユーザー定義」で「種類」に00を設定
MINUTE関数で抜き出した分の数字が「04」と表示されました。
MINUTE関数で抜き出した分の数字が「04」と表示された

MINUTE関数のまとめ
  • MINUTE(ミニット)関数は時刻から「分」に当たる数字のみを抽出します
  • MINUTE関数の引数は「シリアル値」です
  • MINUTE関数が返すのは0~59までの整数です
  • MINUTE関数で0になるのは日付のみが入力されたセル参照など、分の指定のない場合です
  • Excelでは60分以上は自動で1に繰り上がるので、65分などと表示させたいときはMINUTE関数ではなく表示形式のユーザー定義で[mm]を設定します
  • MINUTE関数の結果が一桁の数値を二桁の表示「4 → 04」に変えるには、表示形式のユーザー定義で00を設定します
タイトルとURLをコピーしました