Excel使いこなしの基礎と応用

検索値の位置番号を求めるMATCH関数

使用関数:MATCH

MATCH関数は検索したい値が範囲内の何番目にあるかを教えてくれます。そのシンプルさ故に使いやすく、とても重宝。単独で使うことはあまりなく、他の関数と組み合わせることで真価を発揮する関数です。基本的な構造、完全一致・昇順一致・降順一致の照合方法、ワイルドカードを使って部分一致の値を検索する方法などについて詳しく図解。

目次


検索値と検索範囲

MATCH関数は検索値を検索範囲から探し、その位置番号を示します。
検索範囲は同一行か同一列の連続したセル範囲で、その先頭のセルを「1」として検索値とマッチする値の位置までを数えた数字が返されるわけです。
MATCH関数の検索値と範囲

照合の種類

検索値と範囲内の値をどう照合するかを選びます。

スポンサーリンク

照合方法は3種類。
0」・・・完全一致の値を検索します。ワイルドカードを使えば部分一致で検索可
1」・・・昇順一致。「検索値」以下で最大値を検索。検索範囲のデータを昇順に並べ替えておく必要があります。
-1」・・・降順一致。「検索値」以上で最小値を検索。検索範囲のデータを降順に並べ替えておく必要があります。

「0」を指定して完全一致

完全一致の検索例です。
「試験成績総合順位」という名前のついたテーブルの「氏名」フィールドを検索して、順位を取り出してみましょう。
試験成績の順位を取り出す

K3セルを選択して、関数ライブラリの検索/行列からMATCHをクリックしてダイアログを開きます。
数式ライブラリのMATCHをクリック
検査値」に順位を取得したい氏名が入るセル番地「J3」を指定します。
検査値に氏名を指定
検索範囲」を指定します。見出し「氏名」の内側にカーソルを近づけ、下向きの黒い矢印が出たらクリック。構造化参照でテーブル名[フィールド名] →「試験成績総合順位[氏名]」と入って、「氏名」の列が選択されました。「照合の種類」には完全一致の「0」を指定します。
検索範囲に氏名フィールド、照合の種類に0を指定
順位が取得できました。
数式は「=MATCH(J3,試験成績総合順位[氏名],0)」となります。
順位が取得できた

「1」を指定して昇順一致

F3セルに入っているタイムを検索値に、「走行タイム」というテーブルのフィールド「タイム」を検索範囲に指定してランクを判定させます。フィールド「タイム」のデータは既に昇順で並べてあります。
昇順に並べられたデータ
ランクを表示させるG3セルを選択して、MATCH関数のダイアログを開きます。
引数「検索値」にタイムが入力されたセル番地「F3」を指定。
タイムを検索値に指定

検索範囲」に「走行タイム[タイム]」と指定。「照合の種類」に入れる「1」はこの引数の標準値なので、空白のままでもOK。
タイムのフィールドを検索範囲に指定、照合の種類を1に指定
検索値「7.8」以下で最大値の「7.5」が検索されて、位置番号の「2」が返されました。評価セルはVLOOKUPで自動表示させています。
昇順一致の値が取り出せた

「-1」を指定して降順一致

E3セルに入っている金額を検索値に、「無駄遣いチェック」というテーブルのフィールド「無駄遣い総額」を検索範囲に指定して罪悪度を警告。フィールド「無駄遣い総額」のデータは降順で並べてあります。
降順に並べられたデータ
ランクを表示させるF3セルを選択して、MATCH関数のダイアログを開きます。
引数「検索値」に金額が入力されたセル番地「E3」を指定。
検索値に金額のセルを指定

検索範囲」を「無駄遣いチェック[無駄遣い総額]」と指定し、「照合の種類」は「-1」と指定します。
無駄遣い総額フィールドを検索範囲に指定、照合の種類に-1を指定
検索値「32,000」以上で最小値の「50,000」が検索されて、位置番号の「2」が返されました。警告セルはランクに応じてIF関数で自動表示させています。
ランクが取得できた

ワイルドカードで部分一致検索

照合の種類」で「0」を指定した場合、部分一致の検索ができるワイルドカードが使用できます。

スポンサーリンク


MATCH関数で使えるワイルドカード

*(アスタリスク・半角)・・・任意の文字列
下図は、「照合の種類」の「0」で例題に使った「試験成績総合順位」の検索値セルに「*」と指定して「福井 釧之助」を見つけ出し、順位を取得したものです。
*アスタリスクを使って部分一致の値を取り出した

?(疑問符・半角)・・・任意の1文字
下図は、検索値セルに「? 純」と指定して「川田 純」を見つけ出し、順位を取得したものです。
?疑問符を使って部分一致の値を取り出した

まとめ

  • MATCH関数は「検索値」を「検索範囲」から探し、範囲の先頭セルから何番目に位置するかを求める
  • 「検索範囲」は同一行・同一列の連続したセル範囲
  • 「照合の種類」は「0」=完全一致。「1」=昇順一致。「-1」=降順一致の3種
  • 「照合の種類」を「0」とした場合、部分一致検索が可能なワイルドカードが使える


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。