LENB関数の使い方|文字数をバイトで数える

Excel(エクセル)LENB関数の使い方|文字数をバイトで数える
Excel関数

Excel(エクセル)LENB関数の使い方|文字数をバイトで数える

使用関数:LENB

LENB関数とは?

LENBの読み方と意味

LENは長さを意味する英語「Length」の略で、レングスと読みます。Bは「Byte」でExcelの文字単位の一つ。
LENBは「レングスビ-」と読みます。文字列をバイト単位でカウントする関数です。

バイト数とは?

Excelの文字単位は「文字数」と「バイト数」があり、LENBはバイト数で文字列の長さを測ります。
1バイト文字は半角です。全角は2バイトとカウントされます。

日本語の文章はLENBで数えると実数の2倍になってしまうということですね。
日本語の文字列をカウントする場合はLEN関数を使います。LEN関数は全角・半角にかかわらず、文字数をそのまま返します。

LENとLENBを組み合わせて、半角・全角それぞれの個数を数えたり、データに半角(または全角)文字がまぎれていないかチェックすることができます。

LENB関数の使い方

LENBは「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」に格納されています。一覧を下へスクロールして「LENB」をクリックします。
「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」→LENB

LENB関数は数えたい文字列や数値を引数に指定するだけです。
LENB関数の引数ダイアログで文字列の入ったセルを参照
半角9文字と全角7文字が混在する文字列をLENBでカウントしました。半角はそのまま、全角は7×2にカウントされています。
半角9文字と全角7文字が混在する文字列をLENBでカウント

LENBを使って文字数を制限する

LENBが全角を「2」とカウントすることを応用して、電話番号のセルに半角文字しか入力できないようデータの入力規則で制限をかけます。

電話番号を入力するセルを選択して「データ」タブ→「データツール」→「データの入力規則」をクリック。
ダイアログを開き、「設定」タブの「入力値の種類」を「ユーザー設定」にして、「数式」の欄に「=LEN(B2)=LENB(B2)」と入力します。
データの入力規則の「入力値の種類」を「ユーザー設定」にして、「数式」の欄に=LEN(A2)=LENB(A2)と入力
LENは半角でも全角でもそのままの個数で数え、LENBは全角だけ「2」と数えます。LENとLENBのカウントした文字数が一致していれば半角で入力されたということ、一致しなければ全角が入り込んでいるということです。

「データの入力規則」の「エラーメッセージ」タブで全角で入力された時のエラー画面を設定します。
全角で入力された時のエラー画面の設定
全角で入力すると以下のようなメッセージが出ます。
全角で入力された時のエラーメッセージ

LENBとLENを組み合わせて文字数をカウントする

全角・半角のそれぞれの文字数をカウント、複数のセル範囲の入力値をまとめてカウント、特定の文字のカウント、改行のカウントなど、LENBとLENを組み合わせた文字数のカウント方法をまとめています。

Excel(エクセル)で文字数をカウントする|半角・全角、複数範囲、特定文字など
Excelで文字数をカウントする操作を初心者にも分かりやすく図解。半角・全角をそれぞれカウント、複数のセル範囲の入力値をまとめてカウント、特定の文字のカウント、改行のカウントなど。スピル前のExcelとスピル後のExcelでの計算式の違いなども解説。
タイトルとURLをコピーしました