LEN関数の使い方|文字数を数える

Excel(エクセル)LEN関数の使い方|文字数を数える

Excel(エクセル)LEN関数の使い方|文字数を数える

使用関数:LEN

LEN関数とは?

LENの読み方と意味

LENは長さを意味する英語「Length」の略です。レングスと読みます。文字数をカウントして、その数を返す関数です。
単位は「文字の数」。全角でも半角でも文字の数だけカウントします。

単独で使われることはほとんど無く、大概は他の関数と組み合わせて使われます。使用頻度の高い関数と言えます。

LENBとの違いは?

文字の長さを返す関数にはLENの兄弟関数のようなLENBがありますが、この2つの関数の決定的な違いは単位です。Excelの文字単位は「文字数」と「バイト数」があり、LENBはバイト数で文字列の長さを測ります。
LENBは全角を「2」とカウントするので、全角文字の長さはLENの2倍の数値を返します。

LENとLENBを組み合わせて、半角・全角それぞれの個数を数えたり、データに半角(または全角)文字がまぎれていないかチェックすることができます。

LEN関数の使い方

LENは「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」に格納されています。一覧を下へスクロールして「LEN」をクリックします。
「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」→LEN

LEN関数の使い方はシンプルです。数えたい文字列や数値を引数に指定するだけ。
LEN関数の引数ダイアログで文字列の入ったセルを参照
英字のカウント数を見て分かる通り、半角スペースも1字としてカウントしています。全角スペースや改行文字も同じ。
LENは半角スペースもカウントする

LENとLENBを組み合わせて文字数をカウントする

全角・半角のそれぞれの文字数をカウント、複数のセル範囲の入力値をまとめてカウント、特定の文字のカウント、改行のカウントなど、LENとLENBや他の関数を組み合わせた文字数のカウント方法をまとめています。

Excel(エクセル)で文字数をカウントする|半角・全角、複数範囲、特定文字など
Excelで文字数をカウントする操作を初心者にも分かりやすく図解。半角・全角をそれぞれカウント、複数のセル範囲の入力値をまとめてカウント、特定の文字のカウント、改行のカウントなど。スピル前のExcelとスピル後のExcelでの計算式の違いなども解説。

LENを使って名前の姓と名を抽出する

LEFT・RIGHT・LEN・FIND関数を組み合わせて名前の姓と名を分割して抽出する方法です。

氏名を入力すると自動で「姓」「名」を分割し、フリガナを表示
手入力を必要最小限にするため関数をフル活用し、氏名入力と同時に「姓」「名」を自動分割。フリガナも自動表示
タイトルとURLをコピーしました