JIS関数の使い方|半角文字を全角に変換する

Excel関数

Excel(エクセル)JIS関数の使い方|半角文字を全角に変換する

使用関数:JIS、EXACT

JIS関数とは?

JIS関数は半角で入力された文字や文字列を全角に変換する機能を持っています。英数字・カタカナ・記号を対象に半角から全角に変換する関数です。

全角/半角とは?

コンピューターで入力する縦横比1:1の文字を「全角」、縦横比1:0.5の文字を「半角」といいます。バイト数で言うと、全角は2バイト文字、半角は1バイト文字です。
全角と半角の比較

JISの読み方と意味

JISはJapanese Industrial Standardsの略で、ジスと読みます。 JIS(日本工業規格)が定めた日本語の文字コードの一つです。

JIS関数の基本的な使い方

JIS関数はセル内の半角をそのまま全角に置き換えるわけではありません。別セルに変換された文字列を表示させることになります。
JIS関数で全角に変換する文字列

全角文字列を表示させるセルを選択して、「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」→JISをクリックします。
「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」→JIS
JIS関数の引数は「文字列」1つです。
JIS関数の引数は「文字列」

引数「文字列」には半角の文字列、または半角の混じった文字列の入ったセルを指定します。
JIS関数の引数の指定

半角の英数字・カタカナ・記号・スペースなどが全角に変換され、漢字とひらがなはそのままで返されます。
半角の英数字・カタカナ・記号・スペースなどが全角に変換

EXACT関数とJIS関数を組み合わせた応用例

以下の社名のフリガナは半角カタカナで、読みの正誤はチェックされていません。その右隣に列を設け、全角で入力された、正式な読みのフリガナをペーストしました。この2列のフリガナの読みを比較してミスを洗い出したいと思います。
EXACT関数とJIS関数で読みの正誤を比較する会社名の半角フリガナ

EXACTは文字列を比較して論理値(TRUE、FALSE)を返す関数です。ここにJIS関数でカタカナを半角から全角に変換する数式をネストしてミスをチェックします。
EXACT関数の引数にJIS関数をネスト

TRUEと表示されれば正しいフリガナ、FALSEと表示されれば誤ったフリガナであることが分かります。
(※条件付き書式でFALSEと表示されるとセルに色が付くようにしてあります)
EXACT関数とJIS関数でフリガナの誤表記がチェックされた
数式: =EXACT(JIS(B2),C2)

Microsoft365やExcel2019~などスピルが機能している場合は、文字列に単独セルではなく、セル範囲(この例ではB2:B6、C2:C6)を指定して一括で答えを取得できます。上記例では=EXACT(JIS(B2:B6),C2:C6)という数式になります。

Excelで文字を変換する関数の一覧

Excelの文字列操作関数には文字を半角・全角・大文字・小文字などに変換する関数が揃っています。

大文字↔小文字へ変換する関数

関数名機能
UPPER
LOWER
PROPER
小文字を大文字に変換する
大文字を小文字に変換する
先頭文字を大文字に変換する

全角↔半角へ変換する関数

関数名機能
ASC全角文字を半角に変換する
JIS半角文字を全角に変換する

ローマ数字↔数値に変換する関数

関数名機能
ROMAN
ARABIC
数値をローマ数字に変換する
ローマ数字を数値に変換する

通貨表記、桁数表記へ変換する関数

関数名機能
FIXED数値を四捨五入して桁区切り記号(カンマ)を付ける
YEN
DOLLAR
BAHTTEXT
数値を四捨五入して¥と桁区切り記号を付ける
数値を四捨五入して$と桁区切り記号を付ける
数値をタイの通貨表記に変換する
タイトルとURLをコピーしました