Excel使いこなしの基礎と応用

AND条件、OR条件で合計するDSUM関数

SUMIFS関数で指定できる複数条件は「AND」。検索条件のいずれかを満たした値を「OR」で指定して合計するには、データベース関数の「DSUM」を使います。

目次


DSUMの構成

DSUM(ディーサム)は表から条件に一致するデータを取り出して合計します。DATABASEの頭文字「D」を冠したデータベース関数の一つです。

データベース関数は「関数ライブラリ」に載っていないので、引数のダイアログを開く時は「関数の挿入」ボタンをクリックします。
関数の挿入ボタン
関数の挿入」が開いたら「関数の分類」ボックスの▼を押して下へスクロールし、「データベース」をクリックします。
関数の挿入ダイアログで関数の分類をデータベースにする
関数名」の一覧が「データベース」配下のものに切り替わるので、スクロールして「DSUM」を選択し、「OK」。
関数名の一覧からDSUMを選択
DSUM関数の引数ダイアログが開きます。
DSUM関数の引数ダイアログボックス
引数は「データベース」「フィールド」「条件」の3つ。

データベース」はデータベース仕様で作られた表のこと。できればテーブル化しておくのが望ましいと思います。▶データ表にはテーブルを使うべき!その理由と設定方法
この引数は列見出しも含めて表を指定します。
フィールド」は表の列見出しのこと。集計するデータ範囲ではなく、集計する列の見出しのセルだけを指定します。
条件」は値の検索条件です。これは別に「条件表」を作って指定します。

下の例は「30代女性の月間来店数」を求めるDSUM関数の引数で指定するそれぞれの範囲です。
「30代女性の月間来店数」を求めるDSUM関数の引数で指定するそれぞれの範囲
関数の引数ダイアログでの指定は以下のようになります。
DSUM関数の引数ダイアログでの指定
※「データベース」も「条件」も必ず列見出しまで含めて指定しましょう。これをうっかりしてエラーになるケースが多いようです。
数式は「=DSUM(A1:E11,E1,G1:I2)」です。

「条件表」の作り方と条件の指定方法

条件表」とは検索条件を入力したセル範囲です。

「列見出し」と「条件」を表形式で並べる
条件表には条件を検索する元表の列(フィールド)と対応する「列見出し」を置きます。「性別」フィールドの値を条件にするなら同じ「性別」という列見出しを作り、「年齢」フィールドの値を条件にするなら同じ「年齢」という列見出しを作り、その下のセルに条件を入力します。同じ列見出しを複数並べることもできます。
条件表の構成例
「元表」と「条件表」の列見出しの文字は完全に一致している必要があります。

DSUM関数ではAND条件とOR条件のどちらも指定できますが、条件表の並べ方にルールがあります。

AND条件

指定した全ての条件に一致する値を取り出す「AND条件」は同じ行に並べます。
「30代女性」というAND条件を指定する場合は、「性別→女」「年齢→>=30」「年齢→<40」と3条件を横並びにします。
DSUMのAND条件の例

OR条件

指定した条件のどちらかが一致する値を取り出す「OR条件」は行をずらして並べます。
元表とOR条件の条件表

異なるフィールドでOR条件を指定する条件表
「5回以上のリピーターか、またはスタイリストを指名した顧客」というOR条件を指定します。「来店回数」という列見出しの下に「5回以上」と条件を入力、「指名料」という列見出しの下に「\500」という条件を行を1段ずらして入力します。
異なるフィールドでOR条件を指定した条件表の例

同一のフィールドでOR条件を指定する条件表
「カット、またはカラー」というOR条件の指定です。
「施術」という見出しの列に、「カット」「カラー」という条件をに並べます。
同一のフィールドでOR条件を指定する条件表の例

ANDとORの複合条件

AND条件とOR条件を組み合わせる例です。
(AND)5回以上来店し、担当者「佐藤」を指名した顧客(OR)または、「(AND)5回以上来店し、担当者「鈴木」を指名した顧客

(AND)佐藤が担当した来店5回以上の顧客(OR)または、「(AND)担当者「佐藤」を指名した顧客
AND条件とOR条件を組み合わせた条件表の例2

まとめ

  • DSUM関数はデータベースから条件に一致するデータを取り出して合計する
  • 関数ライブラリにはないので、「関数の挿入」から操作する
  • 引数「データベース」と「条件(条件表)」は列見出しを含めて指定する
  • 引数「フィールド」は列見出しそのものを指定。データは含めない
  • 引数「条件」には検索条件を入力したセル範囲の「条件表」を作って指定する
  • 条件表のAND条件は同じ行に並べる
  • 条件表のOR条件は異なる行に並べる
  • 条件表に同じ列見出しを複数並べて条件指定できる


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。