Excel(エクセル)CHAR関数/UNICHAR関数|改行コードでセル内の文字列を改行

Excel(エクセル)CHAR関数|改行コードでセル内の文字列を改行
Excel関数

Excel(エクセル)CHAR関数/UNICHAR関数|改行コードでセル内の文字列を改行

使用関数:CHAR、UNICHAR

CHAR/UNICHARは改行コードから改行文字を取得する

CHAR/UNICHARは半角・全角文字、記号などに振られた固有のコード番号を指定して、対応する文字を返します。

UNICHARはExcel2013から加わった関数です

CHARは文字や記号を表すCharacter(キャラクター)の略で、CHARは文字コードから文字を求める関数です。
UNICHARはUNICODE(ユニコード:一つのコード体系で世界中の文字を処理するために設計された文字コード)からCharacter(キャラクター)=文字を求める関数です。

文字コードを調べるCODE関数/UNICODE関数があります。文字コード、ユニコードについても分かりやすく解説しています。

Excel(エクセル)で文字コードを確認するCODE関数/UNICODE関数
Excel(エクセル)のCODE/UNICODEは文字から文字コードを確認する関数。CODEで返るJIS・ASCIIコードとUNICODEで返るUNICODEの違い、改行文字の指定、特殊文字・機械依存文字の文字コードについてなど分かりやすく図解しています。

CHAR関数は数式タブ→関数ライブラリ→文字列操作に格納されています。
数式タブ→関数ライブラリ→文字列操作→CHAR

全てのコードを知る必要はなく、主に使用するのは改行コード「10」です。
また、以下の記事では句点コード「8482」も使用します。

セル内の文字列の句点を消して改行する

実際にCHAR関数をどう使うのか実践してみましょう。

長めの文字列を句点のところで改行し、句点は消します。
CHAR関数を使って句点を消して改行するセル内の文字列

この実装には文字列を置換するSUBSTITUTE関数と組み合わせます。
SUBSTITUTEの第二引数「検索文字列」に句点コード「CHAR(8482)」を、第三引数「置換文字列」に改行コード「CHAR(10)」を入力。
SUBSTITUTEの引数に句点コードと改行コードを入力
セル内の文字列が改行されました。
セル内の文字列が改行された

SUBSTITUTEの使い方は以下の記事で詳しく。CHAR関数との組み合わせも掲載しています

SUBSTITUTE関数の使い方|文字列を置き換える
SUBSTITUTEとは?読み方や意味、略した呼び方など。引数「文字列・検索文字列・置換文字列・置換対象」の指定方法、SUBSTITUTEで複数の文字列を一括で置換する方法、特定の文字列を削除する方法、空白の削除や改行の削除方法を初心者にも分かりやすく図解します。

文字列を一つのセルに改行させながら連結する

幾つかのセルに分かれている文字列の連結・結合には「&」か「CONCAT関数」を使います。
文字列を一つのセルに連結させるのと同時にCHARを組み入れて改行も行う方法を解説します。

CONCAT関数の中にCHAR関数をネストしたダイアログの指定です。
CONCAT関数の中にCHAR関数をネストしたダイアログの指定

数式 =CONCAT(A1,”で”,CHAR(10),A2)
&を使った数式 =A1&”で”&CHAR(10)&A2

改行できない?

結果は以下のようになります。「&」と「CONCAT関数」どちらも同じですが、肝心の改行がされていませんね。
CHAR(10)が効かない、改行されない文字列
エクセルで「セルの書式設定」がされていないと改行できない場合があります。
「ホーム」タブ→「配置」グループにある「折り返して全体を表示する」をクリックしてONにすれば改行できます。
折り返して全体を表示するをONにすれば改行できる

タイトルとURLをコピーしました