Excel(エクセル)で平均の出し方|AVERAGE関数と簡単操作技

Excel計算関数

Excel(エクセル)で平均の出し方|AVERAGE関数と簡単操作技

使用関数:AVERAGE

Excel(エクセル)で一番簡単に平均を求める操作

Excelは表計算ソフトですから、合計を求めるSUM関数や平均を求めるAVERAGE関数は機能に既に組み込まれています。わざわざ数式を入力しなくてもExcelで平均を出すのはとても簡単です。

以下の表で科目ごとの平均値を求めるなら、平均値の入るセルを選択してオートSUMボタンからプルダウンリストの「平均」をクリックします。下図では「数式」タブで実行していますが、「ホーム」にも「オートSUM」ボタンはあります。
平均値の入るセルを選択してオートSUMからプルダウンリストの「平均」をクリック
AVERAGE関数の数式が表示され、選択セルから予想した計算範囲が破線で囲まれるので、問題がなければEnterを押します。
平均を求める範囲が自動で選択されたらEnterで確定させる
他の科目のセルにもオートフィルコピーすれば、科目ごとの平均値が取得されます。
ExcelのオートSUM→「平均」から科目ごとの平均値を取得

また、普段あまり気にしないかもしれませんが、セル範囲を選択するとシートの最下部にあるステータスバーに、その範囲の平均値(AVERAGE)が表示されます。因みに、合計(SUM)とデータ個数(COUNT)も表示されます。
セル範囲を選択するとステータスバーに平均値が表示

テーブル化した表では「集計行」を追加すると項目別にオートSUMがプルダウンで選べるようになっていて、ここから簡単に平均を求めることができます。
テーブルでは項目別にプルダウンで平均を計算できる

Excel(エクセル)で出した平均の小数点

Excelで計算した平均値の小数点以下の桁が多過ぎるなら、平均の入ったセルで右クリックして、表示されたミニツールバーの「小数点の桁数を減らす」アイコンを減らしたい桁の数だけクリックします。非表示になった桁は自動で四捨五入されます。
「小数点の桁数を減らす」アイコンをクリックして平均値の小数点以下を減らす

「小数点の桁数を減らす」アイコンでは小数点の表示を整えるだけで、実際の入力値は変わっていません。表示だけでなく、完全に端数を処理したい場合はROUND系の関数を使います。

小数点の四捨五入はROUND関数

ROUND(ラウンド)関数の使い方|自由な桁数で四捨五入
ROUND(ラウンド)関数は桁を指定して数値を四捨五入します。ROUNDの意味や構成、使い方を詳しく図解。税抜価格から消費税を四捨五入で求める操作、平均値を四捨五入するやり方、ROUND関数で五捨六入する方法なども併せて解説しています。

小数点の切り捨てはROUNDDOWN関数

ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数の使い方|自由な桁数で切り捨て
ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数は桁を指定して数値を切り捨てます。ROUNDDOWNの意味や構成、使い方を詳しく図解。表示設定で千円単位・百円単位などにする操作、整数部だけでなく、小数点以下だけを取り出す方法なども併せて解説しています。

小数点の切り上げはROUNDUP関数

ROUNDUP(ラウンドアップ)関数の使い方|自由な桁数で切り上げ
ROUNDUP(ラウンドアップ)関数は桁を指定して数値を切り上げます。ROUNDUPの意味や構成、使い方を詳しく図解。ROUNDUPの引数「桁数」の指定方法、切り上げ例として、食品を購入した消費税込の価格から税抜価格を求め、ROUNDUP関数で切り上げる操作を解説。

小数点を切り捨て、整数にするならINT関数

INT関数の使い方|小数点以下を切り捨て整数を返す
INT関数は小数点以下をスパッと切り捨てて整数に丸めます。INT関数と整数の意味、ROUNDDOWN関数・TRUNC関数との違い、INT関数の使い方の注意点を詳しく図解しています。また、消費税込価格を例に、INT関数の計算の仕方も解説しています。

AVERAGE関数の使い方

AVERAGE(アベレージ・アヴェレージ)は「平均・平均値」を意味し、Excel計算の基本の一つです。「Avg.」「Ave.」「Av.」と略して表記されることもあります。

AVERAGE関数の引数の構成

AVERAGE関数は関数ライブラリの「その他の関数」→「統計」に格納されています。
「その他の関数」→「統計」→AVERAGE
AVERAGE関数の構成はシンプルで、「数値」のセル及びセル範囲を「数値1」「数値2」・・・というように指定するだけです。「数値2」以下は任意で、最大255までの指定が可能です。
AVERAGE関数の構成

AVERAGE関数で離れたセル、飛び飛びのセルを範囲に指定する

セル及びセル範囲をAVERAGE関数の引数に「数値1」「数値2」・・・と指定していけば、離れたセル、飛び飛びのセルの平均を計算することができます。
AVERAGE関数で離れたセル、飛び飛びのセルを指定

離れたセル、飛び飛びのセルをAVERAGE関数の範囲に指定した数式は以下のようになります。
=AVERAGE(D3,G3,D5,G5)

AVERAGE関数は空白を無視する

上述した通り、Excelではテーブル化した表の集計行やオートSUMで簡単に自動でAVERAGE関数を計算してくれます。ただ、AVERAGE関数は「数値」を対象とするため、空白や文字列、論理値は無視されます。

以下の成績表では試験科目を欠席した人のセルが空欄になっています。
試験科目を欠席した人のセルが空欄になった表
AVERAGE関数では空白は無視されるので、データの個数としてカウントされません。これはデータとして有用な平均値を取得するためで理に適っています。問題になるのは、「空白」や「文字列」ではなく、数値の「0」が入力されている場合です。

上図の空白セルに「0」を入力して平均を出すと、以下のように、空白を除いて計算した平均とは大きく異なります。
数値の「0」のセルも含めた平均と空白を除外した平均の違い
平均値は対象セルの数値を合算し、セルの個数で割り算して求めます。「0」は数値であるため計算対象になり、セルの個数にカウントされます。合算した数字は同じなのに割る数(除数)が増えるので平均値が下がるわけですね。

Excelで平均を求める表では除外したいセルには「0」ではなく「欠席」などの文字列を入力するか、未入力のままにしておきましょう。

0を除外して平均を求めるには?

既に「0」を入力してある表で、0のセルをカウントしないで平均値を求めるにはAVERAGEではなく、条件を指定できるAVERAGEIF関数を使います。

「範囲(条件を検索する範囲)」は前章のAVERAGEと同じ、「条件」に「0以外」を意味する「<>0を入れます。「平均対象範囲(平均値を出す範囲)」は「範囲」と同じなので省略。
0を除いて平均を求めるAVERAGEIF関数の引数の指定
AVERAGEIF関数で0を除いて平均を求めた結果です。空白を無視して出した平均値と同じになりました。
AVERAGEIF関数で0を除いて平均を求めた結果

Excel(エクセル)の平均関数|AVERAGEが付く関数の種類

前章の「0を除外して平均を求める」AVERAGEIF関数についての詳しい解説です。

検索して平均値を出すAVERAGEIF関数の使い方と範囲の指定方法
AVERAGEIFは同じ条件の値を検索して平均値を算出。基本的な使い方、条件の検索範囲と平均値を算出する値範囲の指定方法

複数の条件を指定して平均を求めるAVERAGEIFS関数についての詳しい解説です。

複数条件で平均値を算出するAVERAGEIFS関数
AVERAGEIFS関数は複数の条件全てに合致する値を取り出して平均を算出。基本構成と不等号を使った条件の指定方法

文字列を「0」、論理値を「0」「1」でカウントして平均を出すAVERAGEA関数についての詳しい解説です。

AVERAGEとAVERAGEA関数はどう違う?どう使う?
AVERAGEとAVERAGEA。パッと見かなり紛らわしい2つの関数の相違点をはっきりさせます

AND条件、OR条件、複合条件など複雑な条件で平均を求めるDAVERAGE関数についての詳しい解説です。

複数の条件指定で平均値を出すDAVERAGE関数
AND条件、OR条件、その複合条件など複雑な条件指定に対応して平均値を求める関数。基本と条件表の作成例
タイトルとURLをコピーしました