ASC関数の使い方|全角文字を半角に変換する

Excel関数

Excel(エクセル)ASC関数の使い方|全角文字を半角に変換する

使用関数:ASC、PHONETIC

ASC関数とは?

ASCの読み方と意味

ASCはASCIIの略で、文字コードを操作する関数の一つです。アスキーと読みます。
英数字・カタカナ・記号を対象に全角から半角に変換する関数です。逆に半角から全角に変換するJIS関数もあります。

ASC関数の使い方

ASC関数はセル内の全角をそのまま半角に置き換えるわけではありません。別セルに変換された文字列を表示させることになります。

半角文字列を表示させるセルを選択して、「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」→プルダウンリストの「ASC」をクリックします。
「数式」タブ→「関数ライブラリ」→「文字列操作」→ASC
ASC関数の引数は「文字列」1つです。
ASC関数の引数は「文字列」

引数「文字列」には全角の文字列、または全角の混じった文字列の入ったセルを指定します。
ASC関数の引数の指定
全角の英数字・カタカナ・括弧などが半角に変換され、漢字とひらがなはそのままで返されます。
全角の英数字・カタカナ・括弧などが半角に変換

ASC関数の応用

PHONETICとASC関数を組み合わせて氏名から抽出したフリガナを半角で表示

PHONETICは漢字の文字列からフリガナを取り出す関数です。使い方はASCと同様シンプルで、漢字の入ったセルを引数に指定するだけです。

ASC関数の引数「文字列」にPHONETIC関数を入れ子します。
ASC関数の引数「文字列」にPHONETIC関数を入れ子する
フリガナが半角で表示されました。データの最後までフィルコピーします。
ふりがなが半角で表示された

数式: =ASC(PHONETIC(A2))

タイトルとURLをコピーしました