AREAS関数の使い方|領域数を数える

Excel(エクセル)のAREAS関数の使い方
Excel関数

Excel(エクセル)のAREAS関数の使い方|領域数を数える

AREAS関数の基本的な使い方を図解していきます。

使用関数:AREAS

AREAS(エリアス)関数とは?

AREASは「エリア」の複数形で、指定したセル、またはセル範囲の個数を数える関数です。使用頻度の高い関数とは言えません。

AREAS関数の引数と書式

「数式」→「関数ライブラリ」→「検索/行列」からAREASを選択します。
関数ライブラリの「検索/行列」からAREASを選択

AREAS関数の引数「参照」の指定

AREAS関数の引数は一つ。「参照」に領域を指定します。
AREAS関数の書式

以下の色付きセル範囲(領域)を指定してみます。
AREAS関数の引数「参照」に指定する領域

引数「参照」に複数の領域を指定する時は二重カッコにする

領域を一つだけ指定する場合はクリックやドラッグで入力するだけです。
AREAS関数の引数「参照」に領域を一つだけ指定

複数の領域を指定する場合は半角カンマで区切りますが、通常の引数の記述と同じになるので区別するためにカッコを二重にします。
AREAS関数の引数「参照」に複数の領域を指定

領域数が返りました。
AREAS関数で領域の個数が返った

引数「参照」をセル参照で指定

AREAS関数の引数に領域をセル参照で指定します。数式がコンパクトになります。
AREAS関数の引数に領域をセル参照で指定

複数の領域の重なり合うエリアを数える

2つの領域を半角スペースで区切って指定すると、その重なったエリアの数が返ります。

下図のように3つのエリアが重なっている場合は、カンマで区切ってカッコで括った複数の領域と、重なっている一つの領域を半角スペースで区切ります。
AREAS関数で複数の領域の重なり合うエリアを数える

領域の重なったエリアの個数「2」が返りました。
数式 =AREAS(C4:D7 (B2:C5,C7:C9))
AREAS関数で複数の領域の重なり合うエリアの数が返った

AREAS関数の使い方 まとめ
  • AREASは領域の個数を数える関数です
  • 引数「参照」に複数の領域を指定する場合は半角カンマで区切り、数式のカッコを二重にします
  • 複数の領域の重なり合うエリアを数える場合は指定する領域を半角スペースで区切ります
タイトルとURLをコピーしました