Excel使いこなしの基礎と応用

最大文字数を指定したシンプルなテキストボックスを設置する

新商品の試食アンケートに回答者が入力できるテキストボックス(テキストフィールド)を設置する手順を図解します。外観はデフォルトのままで、文字数制限のシンプルな1行テキストボックスです。

目次


ActiveXコントロールからテキストフィールドを挿入

テキストボックスを挿入するにはメインタブに「開発」を表示させる必要があります。
▶開発タブの表示設定を参照して下さい。

スポンサーリンク

アンケートの解答欄をテキストフィールドで作ってみましょう。
下図のように、簡単な1行文字列を入力してもらうボックスを設置したいと思います。
テキストボックスの設置エリア
上記の操作でメインタブに組み入れた「開発」タブに切り替えて、まず、「コントロール」グループの「デザインモード」をクリックしてアクティブにしておきましょう。
デザインモード
挿入▼」からメニューを引き出します。
シート上に挿入可能なアイコンが「フォーム コントロール」と「ActiveX コントロール」に分かれて一覧表示されています。「フォーム コントロール」に格納されたアイテムは基本スタイルのまま手軽に使えますが、テキストフィールドはワークシートに使えないのでグレーアウトしています。ここでは「ActiveX コントロール」の中の「テキストフィールド」アイコンをクリック。
ActiveX コントロールのテキストフィールドをクリック
表示させる位置にフィールドを描画します。
テキストボックスの描画
辺の中央とコーナーに○型のジョイントが付いたテキストボックスが設置されました。
この○を内外に引っ張ればボックスサイズを変更できます。
○型のジョイントが付いたテキストボックスが設置された
初期のスタイルだと実際の見た目は↓こんな感じです。
実際のテキストボックスの表示

プロパティの設定

「ActiveX コントロール」から挿入したテキストフィールドは動作、デザイン共にかなり詳細なカスタマイズが可能です。
これらの設定は「プロパティ」から実行します。
プロパティをクリック
プロパティにはテキストフィールドの構成要素が並んでいます。
初めて目にすると、ちょっととっつきにくい印象があるかもしれません。
プロパティ

ここで設置するテキストボックスは、ほとんどデフォルトのままでおきます。ただ、軽くプロパティに慣れる意味で、幾つか設定をしてみましょう。

最大文字数を指定

「プロパティ」のオブジェクト名「MaxLength」横の「0」を指定したい最大文字数に修正します。「AutoSize」(入力文字数に応じてボックスのサイズを自動で可変)が「False=解除」になっていることも一応確認して下さい。
MaxLengthに最大文字数を指定

初期値の入力

ボックスの中に入力の指標になるテキストを入れておく時には、「Value」か「Text」で指定します。どちらかに入力しておけば、もう一つの方にも反映されます。
ValueかTextに初期値を入力
テキストボックスにも表示されています。
テキストボックスに初期値が表示された

クリックした時にボックス内に色が付くハイライト効果

入力時にテキストボックス内をクリックした時点で、ボックスに色が付くように設定します。一種のハイライト効果で、書き込みOKのサインにもなります。

スポンサーリンク

この設定は「BackColor」と「BackStyle」で行います。
BackColor」をクリック、右端の▼を押してから「パレット」タブに切り替えてボックスの背景色を指定します。
BackColorのパレットでボックスの背景色を指定
BackStyle」をクリック、右端の▼を押して、「0-fmBackStyle Transparent」を選択します。
BackStyleで0-fmBackStyle Transparentを選択
この設定はボックスの背景を透明にしたということです。セル範囲の色を透過しているのでテキストボックスは一見、何の変化もありません。
セル範囲の色を透過
「デザインモード」を解除して、テキストボックスの中をクリックすると、ボックスの中が指定した色になります。(※冒頭をクリックしたので、テキストが選択されています)
テキストボックスをクリックすると、指定した色になる
1行テキストボックスの設置は簡単でしたね。
1行テキストボックスの設置


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。