Excel使いこなしの基礎と応用

Excelで0が表示されないようにする一番簡単な方法と定番の方法

使用関数:IF
小計・合計で「」が表示されてしまうのを消したい時の2通りの対処方法です。オプション設定する最も簡単でスピーディな方法と、IF関数を使って0を非表示にする定番の方法を図解します。

目次


一番簡単な方法:オプション設定で0を消す(2013以降)

ファイル」タブの「オプション」をクリック、
「ファイル」タブのオプション
左サイドメニューで「詳細設定」に画面を切り替え、かなり下の方へスクロール、「次のシートで作業するときの表示設定」という項目まで降りて、右横にあるブック名が表示された小窓の▼から0を非表示にしたいシート名を選択し、ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外します
オプションの詳細設定でシートの「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外す
シートに戻ると、シート内の全ての0表示が消えているはずです。
セルの0表示が消えた

IF関数を使って0を出現させずに計算式を適用する

「数量」と「単価」を掛けて「価格」を自動計算させると、未入力箇所に「」が表示されてしまう。ちょっと見栄えが悪いので、この0表示を消したい! そんな時は「もし、こーなら、こーします」を実現するIF関数を使います。

IF関数を使って0を出現させずに計算式を適用する操作
数量」と「単価」を入力すると自動で掛け算が行われて「価格」に自動表示され、尚且つ、未入力の場合には「価格」のセルが空欄になるよう設定します。

スポンサーリンク

下図の表をサンプルに説明していきます。
まず、「価格」の数値が入る一番上のセルをクリックして選択、
価格の最初のセルをクリックして選択
数式」タブ「関数ライブラリ」にある「論理」リストから「IF」を選択します。
関数ライブラリの論理リストからIFを選ぶ
関数の引数」ダイアログボックスが開きます。
IFの関数の引数ダイアログボックス
引数は3つ。


「論理式」には「もし、こういう場合は…」という基本の条件を定義
もし、数量のセルが未入力(空)だったら…」と入れたいので、「D4=””」と入力します。D4は数量の数値が入る最初のセル番地で、当該セルをクリックすれば自動で入力できます。ダブルクォーテーション「」二つは「空欄」を意味します。
Shiftキーを押しながらダブルクォーテーションキーを2度押して入力。


「真の場合」には「上の「論理式」の通りだったら、こうする」と定義
つまり、「もし、数量のセルが未入力(空)だったら…」「空欄にする」と定義したいので、「“”」とダブルクォーテーション「」二つ入力すればいいわけです。


「偽の場合」には「「論理式」の通りじゃなかったら、こうする」と定義
つまり、「もし、数量のセルが未入力(空)じゃなかったら、数値が入力されていたら…」「数量×単価を計算する」と定義したいので、「D4*E4」と入力します。

スポンサーリンク


関数の引数ダイアログボックスに入力
数式バーに入力される式は「=IF(D4=””,“”,D4*E4)」です。

▶ #N/Aエラーを消す方法
▶ IF関数の使い方の基本と論理式の書き方いろいろ


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。