Excel使いこなしの基礎と応用

日・週・月・四半期・年と特定の期間ごとにデータ抽出できる「日付フィルター」

月ごと、四半期ごとの業績を文書化する時には「日付フィルター」で適正に抽出されたデータ表が欠かせません。ダイアログに装備されたカレンダーで正確な日付を指定して、求める期間のレコードをまとめられます。

目次


日付フィルターの概要

日付の入力されたフィールドでフィルターボタンからメニューを引き出すと、「日付フィルター」という項目が表示され、サブメニューで細かい期間を選択できます。
日付フィルターのメニュー
ここでは操作日を基準にした期間の単位を選択できます。今日、今週、先月、来年のデータをクリックひとつでまとめられるので、期間報告の作成に便利ですね。年初から現時点までを抽出する選択肢もあります。

スポンサーリンク

更にサブメニューの「期間内の全日付▶」からメニューを引き出して、四半期と月の細かい指定ができます。ただ、これは現時点を基準にした「期間」なので、「2月」は「その年の2月」です。データ表が3年前の日付なら、抽出されません。
期間内の全日付▶からサブメニュー

もっと過去のデータや或る特定の期間内のデータをまとめる必要がある時は、メニュー上部に並ぶ4バージョンの比較条件「指定の値に等しい」「指定の値より前」「指定の値より後」「指定の範囲内」から選択します。
日付フィルターの4バージョンの比較条件

特定の期間内のデータを抽出する

特定の2つの日付の間を指定する操作です。
※注:入力されている値が文字列だと「日付」としてのフィルターができません。文字列から日付に変換して作業しましょう。
▶文字列を日付に変換する2通りの方法

美容院の売上表の「日付」フィールドのフィルターボタンから「日付フィルター」を適用してみます。「指定の範囲内」をクリック。
指定の範囲内をクリック
指定の範囲内」を選ぶと、「オートフィルター オプション」ダイアログの比較条件が「以降」「以前」に自動で設定されています。特定の期間を指定する時はこの2つの条件が最適ということですね。
上のテキストボックスのプルダウンリストを引き出して「2018/2/4」を選択し、下のボックスでも同様に「2018/2/10」を選びます。連結はANDのままでOK。
オートフィルター オプションの設定
指定した1週間のレコードが抽出されました。「以降」「以前」では指定した日「2/4」「2/10」を含んで抽出されます。
指定した1週間のレコードが抽出
同じ日付の指定で、それぞれ「より後」「より前」を設定すると、
「より後」「より前」で設定
指定した日「2/4」「2/10」を含まずに、間の5日が抽出されます。
指定した日を含まずに抽出

装備されたカレンダーで日付を指定する

日付をカレンダーで指定して範囲選択することもできます。テキストボックスの横にある小さいカレンダーアイコンをクリックしてカレンダーを引き出し、◀▶を押して前の月か後の月へ移動、日にちをクリックして指定します。
オートフィルターオプションに装備されたカレンダーで日付を指定
▶フィルター機能で複数の条件を指定してデータを抽出する


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。