Excel使いこなしの基礎と応用

日付が文字列だった時、日付に変換する2通りの方法

使用関数:DATEVALUE

日付が文字列だと、データとして活用する上で支障が出ます。これを日付に変えるための、区切り位置指定ウィザードで実行する方法とDATEVALUE関数を使う方法の2通りを図解します。

目次


区切り位置指定ウィザードで文字列を日付に変換

日付データが「DATE」フィールドにあります。左寄せになっているので明らかに文字列です。期間指定でフィルターをかけるのに、文字列のままではうまく機能しません。そこで、Excelが日付と認識できるように変更したいと思います。

「DATE」と入った列見出しのセル内にカーソルをポイントして、黒い下向きの矢印の形になったらクリックします。「DATE」フィールド配下の全セルが選択されました。
日付に変換したい文字列の列を選択
データ」タブの「データツール」グループにある「区切り位置」をクリックします。
日付文字列の最初のセルを選択して「区切り位置」をクリック」
区切り位置指定ウィザード」の1ページ目が開きます。
元のデータの形式」で「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」がオンになっているのを確認して、「次へ」をクリック。
区切り位置指定ウィザードの1ページ目でカンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータをオン
ウィザードの2ページ目で「区切り文字」にチェックがあれば、全て外して「次へ」。
区切り位置指定ウィザードの2ページ目で区切り文字のチェックを全部外す
3ページ目の設定がこの作業の肝です。
列のデータ形式」で「日付」をオンにします。形式も選べますが、通常はデフォの「YMD」。Yは年、Mは月、Dは日で、この順序に並ぶということです。
区切り位置指定ウィザードの3ページ目で列のデータ形式を日付に設定
完了」をクリックすれば、作業終了です。
一見、何の変化もないみたいですが、データが右寄せになったことから、日付の数値として認識されたことがわかります。
日付文字列が日付に変換された
なお、上図では「2018/2/1」という日付文字列を例にしましたが、「2018年2月1日」や「平成30年2月1日」でも日付に変更できます。

DATEVALUE関数で文字列を日付に変換

DATEVALUE(デートバリュー)関数は、日付と見なされる文字列からシリアル値を返してくれます。
シリアル値とは時間の経過を整数で表現したもので、Excelの日付や時刻は全てこの値で管理されています。「2018年2月1日」はシリアル値「43132」を表示形式で偽装しているに過ぎません。

スポンサーリンク

日付文字列が入った「DATE」フィールドの横に、変換した日付の入る「DATE-2」フィールドを新設し、その最初のセルを選択、
変換した日付の入る列を新設して最初のセルを選択
「数式」タブ「関数ライブラリ」→「日付/時刻」から「DATEVALUE」をクリックします。
関数ライブラリの日付/時刻からDATEVALUEをクリック
関数のダイアログが開いたら、引数「日付文字列」で、「DATE」フィールドの最初のセルをクリックして指定します。
下図の表はテーブルなので構造化参照で「[@DATE]」と入りました。通常の表では「E2」とセル番地が入ります。
▶データ表にはテーブルを使うべき!その理由と設定方法
▶構造化参照の仕組み
DATEVALUE関数のダイアログで「日付文字列」に文字列が入ったセルを指定
「OK」すれば、日付文字列に対応するシリアル値が「DATE-2」フィールドに表示されます。
日付文字列に対応するシリアル値が表示された
後は、「セルの書式設定」で表示形式を変更するだけです。
表示形式を変えてシリアル値を日付にする
これで完了しました。
シリアル値が日付に変換された


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。