Excel使いこなしの基礎と応用

「条件を満たす場合は停止」で特別な条件を設定する

条件付き書式のルールの管理にある「条件を満たす場合は停止」というチェックボックスの使い方です。ここがチェックされていると、そのルールより下位のルールの書式は一切反映されなくなります。

スポンサーリンク

既に設定されているルールを打ち消す

下図の会員名簿には「会員ランク」フィールドに条件付き書式が既に設定されています。
会員名簿
会員が退会した時、「退会年月日」フィールドに日付が入力された時点で、その会員のデータがグレーアウトして打ち消し線が表示されるように条件付き書式の新規ルールを作りたいと思います。

データ表の1行目の「退会年月日」フィールドを除いたセル範囲を選択して、
1行目の「退会年月日」フィールドを除いたセル範囲を選択
「ホーム」タブ→「条件付き書式」から「ルールの管理」をクリック。
条件付き書式の「ルールの管理」をクリック
条件付き書式ルールの管理」ダイアログボックスには、サービスの使用頻度によってランク分けされた3つのルールが設定されています。
これらのルールの上位に新しいルールを作るため、「新規ルール」をクリック。
新しいルールを作る
新しい書式ルール」は数式で「=NOT($J2=””)」「退会年月日のセルが空でなければ」という条件を指定。「書式」をクリックして、
数式で条件を指定して「書式」をクリック
フォント」の色を濃グレーにして、文字飾りの取り消し線にチェックを入れました。
フォントの色を濃グレーにして、文字飾りの取り消し線にチェック
条件付き書式ルールの管理」ダイアログに戻って、設定した一番上のルールの「条件を満たす場合は停止」にチェックを入れて「OK」します。
[条件を満たす場合は停止]にチェック
設定範囲を下までフィルコピー(オプションで書式のみコピー)してから、「退会年月日」を入力してみましょう。
退会した会員のデータに設定した書式が反映されました。
「退会年月日」を入力すると、書式が反映
因みに、「条件を満たす場合は停止」のチェックを外して見ると・・・、
[条件を満たす場合は停止]のチェックを外す
こうなります↓。新しいルールで設定しなかった箇所の書式が反映されてしまっていますね。
下位ルールの書式が反映された

条件を満たす場合は停止」についてまとめると・・・
・既に設定済みのルールを打ち消す使い方ができる
・下位ルールの書式を完全にシャットアウトできる

▶手軽で確実!複数の条件付き書式をルールの管理で設定
▶条件付き書式で行の項目全てに色付けする


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。