Excel使いこなしの基礎と応用

データバーを調節する

データバーは数値の割合を視覚的に表現できて便利です。実装も手軽ですが、場合によっては数値とバーの長さが合わなかったり、バーが長過ぎてデータが比較しづらかったりします。そんな時の編集方法を図解します。

目次


パーセント(%)のデータバーの長さが合わない

構成比のデータがあります。
構成比のデータ
これに「ホーム」タブ「スタイル」グループ「条件付き書式」から「データバー」を実行すると、下図左のようにパーセンテージが適正にグラフ化しません。
パーセンテージが適正にグラフ化しない
データバーを最初に実行すると、範囲内の最大値と最小値を自動判別します。この場合は「33.3」を100%としてバーの長さを割り振ったということです。
これをデータ通りの割合で表示させるのに、例えば、表の最終行を集計行にして「100%」とし、そのセルを適用範囲に含めます。
表の集計行を「100%」とし、適用範囲に含める
「100%」が最大値と自動判別されて、数値通りにバーの長さが割り振られます。
数値通りにバーの長さが割り振られる
集計行を設けない場合は、「条件付き書式」→「ルールの管理」をクリック。
条件付き書式の「ルールの管理」をクリック
ルールの編集」から修正します。
ルールの編集から修正
データバーの種類を最小値、最大値ともに「数値」に変更し、最小値の値を「0」に、最大値の値を「1」にします。100%を数値に置換えると「1」ですから、最大値に100%を指定したのと同じことになるわけです。
データバーの最小値の数値を「0」に、最大値の数値を「1」にする
バーの長さが適正に割り振られました。
バーの長さが適正に割り振られた

判別しにくい時のバーの長さ調節

数値が近接していて、バーの長短が判りにくい場合があります。データバーがただの背景色になっちゃってますね。
数値が近接していて、バーの長短が判りにくい例
これも「ルールの編集」画面で修正します。種類を最小値、最大値ともに「数値」に変更して、最小値を「75」、最大値を「95」にしました。最小値±15の幅でメリハリを持たせたということです。「70」「100」でもほぼ同じ結果になると思います。
データバーの最小値を「75」、最大値を「95」に設定
数字部分にもかからず、数値の比較も判別しやすくなりました。
データバーの長さが変わった
最小値と最大値の数字に迷ったら、種類を「数式」にして、適用範囲内の最小値×0.9、適用範囲内の最大値×1.1のように設定してみるとうまくいくかもしれません。
データバーを数式で適用範囲内の最小値×0.9、適用範囲内の最大値×1.1に設定
数値で指定したより、気持ち短めのバーになりました。
データバーの長さが適正になった

▶手軽で確実!複数の条件付き書式をルールの管理で設定


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。