Excel使いこなしの基礎と応用

複数のセルや指定のセル範囲を選択する操作いろいろ

いろいろな選択範囲を指定する操作です。複数のセルや離れた場所にあるセルをマウスで選択する、全セルや特定のセル範囲をキーボードで選択する方法。便利なショートカットキーなど。

目次


全セル・特定の行/列の選択

全セルの選択
シート内の全セルを選択するには、列と行の交差点にある斜めの三角をクリックします。
列と行の交差点にある斜めの三角をクリック
全てのセルが一括で選択されました。
全てのセルが選択された
※全セルを選択するのはショートカットキーの「Ctrl+A」でもできます。どちらも簡単な操作なので、慣れてる方を使うといいですね。

スポンサーリンク

列の選択
選択したい列のアルファベットにポイント(マウスを近づける)して、背景色が変わり、ポインタの形が小さな黒い↓矢印になったら、クリックします。
列のアルファベットをクリック
C列の全セルが選択されました。
列全体が選択された
※特定の列のどれか一つのセルを選択して「Ctrl+Space(空白)」でも列全体が選択できます。

行の選択
選択したい行番号にポイントして、背景色が変わり、ポインタの形が小さな黒い→矢印になったら、クリックします。
行番号をクリック
3行の全セルが選択されました。
行全体が選択された
※特定の行のどれか一つのセルを選択して「Shift+Space(空白)」でも行全体が選択できます。

全セル選択して、見出し(列・行)だけ解除する
見出しの入った列、または行だけ選択を解除したいこともあると思います。
前述した操作(斜め三角をクリック)で全セルを選択したら、列のアルファベット「A」をCtrlキーを押しながらクリック。A列だけ選択範囲から外れます。
選択範囲から外したい列の番号をCtrlキーを押しながらクリック
行も、行番号「1」をCtrlキーを押しながらクリックして、1行目だけを選択範囲から外します。
選択範囲から外したい行の番号をCtrlキーを押しながらクリック
行と列の両方の見出しの選択を解除する場合は、後に除外する方をCtrlキーを押しながら2度クリックします。
列と行を選択範囲から外すには、後に外す方の番号を2度クリック

同様に、選択列(または行)から特定のセルを除外する場合も、当該セルをCtrlキーを押しながらクリックします。複数のセルでも、そのまま同じ操作を繰り返せばOK。
選択範囲から特定のセルを外す時はCtrlキーを押しながらクリック

キーボードで選択

通常、セル範囲を選択する時は、ドラッグしますね。
ドラッグでセル範囲を選択
比較的狭い範囲を選択するなら、この方法だけでいいと思いますが、選択する範囲が広くなると手間です。
そんな時のために、キーボードを使った選択操作を覚えておくと役立ちます。

スポンサーリンク

まず、起点となるセル(この場合はB2)をクリックし、
起点となるセルをクリック
Shiftキーを押しながら、終点となるセル(この場合はE8)をクリック
します。
終点となるセルをクリック
※上記例の起点終点セルは逆でも同じです。起点セルは四隅(B2・E2・B8・E8)ならどれでもOK。起点にしたセルの対角にあるセルが終点で、Shift+クリック。

この方法だと、スクロールするような広範囲の選択でも簡単です。
広範囲の選択

ショートカットキーで選択

キーボードの↑←↓→で範囲を拡張
起点となるセルを選択し、Shiftキーを押しながらキーボードの↓→を叩いて選択範囲を広げていきます。↑←で戻ればその分の選択範囲が取り消されます。
Shift+キーボードの↑←↓→で範囲を拡張
複数選択された範囲の拡張も、この操作でできます。
複数の選択範囲の拡張

スペースキーで入力されているセル範囲を選択
シート上の入力された範囲を全て選択するショートカットキーです。
範囲内のどれか一つのセルを選択します。
入力された範囲内のどれか一つのセルを選択
Shiftキー+Ctrlキー+スペースキーを押すと、表の全てのセルが選択されます。
Shiftキー+Ctrlキー+スペースキーで入力された範囲が全て選択される

離れた場所にある複数のセルを選択

下図のように「B3~B9」と「D4~D7」の離れた二つの範囲を選択してみましょう。
離れた二つの範囲

Ctrlキー押しで別範囲を選択に加算
まずは普通に「B3~B9」を選択。次にCtrlキーを押しながら「D4~D7」をドラッグして選択します。
Ctrlキーを押しながら離れた範囲を選択
Ctrlキーを押しながら選択操作を行えば、どんなイレギュラーな位置のセルでも選択範囲に含めることができます。例えば↓こんな感じ。
イレギュラーな位置の複数のセルを選択範囲に含める


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。