計算・数式の基本

計算の基本

Excelの計算・数式の基本

Excelは表計算ソフトなので、数式を扱ってこそ真価を発揮します。「計算」「数式」と聞いただけでアレルギーを起こすタチでも、Excel計算の最初の一歩は「ほ~」と思うくらい楽勝モードでいけるはずです。

スポンサーリンク

簡単な数式の入力方法

下図の表の「単価」と「数量」を掛け算して「E2:E4」に「合計金額」を入れてみます。
Excelで計算するサンプル表

合計金額の数字が入る一番上のセル「E2」をクリックして選択して下さい。数式を入力するのは、計算結果を表示させるセルです。
数式を入れるセルを選択

数式の頭には必ず「=」がくる

まず最初にキーボードで「=」を入力します。
=のキーボタン
重要なので二度書きます。数式の冒頭には必ず=を付けなければいけません
これはExcelにおける数式入力では外せない作法です。
数式の頭に=を入れる
「=」を入力することで、「数式入ります!」とExcelに宣言するわけですね。

数式を続けて入力するような時、うっかり「=」を全角で打ち込んじゃったりするミスを避けたいなら、クイックアクセスツールバーに挿入ボタンを置いておくと便利です。

計算式の冒頭の(=)をワンクリックで入力したい

セルをクリックしてセル番地を自動入力

(「E2」セルを選択したまま)単価の数字が入っているセル「C2」をクリック。「C2」セルの枠線がブルーの太い破線になって点滅し、「E2」セルには直前に入力した=の後に自動でC2と表示されたはずです。
単価セルをクリックしてセル番地を入力

四則演算の記号を入力

まずは数式の基本、四則演算(=足算・引算・掛算・割算)の作成と入力の初歩をサラッとクリアしましょう。

(「E2」セルを選択したまま)掛け算の記号「*」を入力します。
掛け算*を入力
四則演算の記号は以下の通りです。
四則演算の記号

単価セルと同様に、数量の数字が入っているセル「D2」をクリックします。
単価セル「C2」は点滅破線からブルーの実線になり、今度は「D2」セルの枠線がピンクの太い破線になって点滅し始めます。
「=C2」の後に、自動で「D2」と入り、=C2*D2の数式が作成完了。これを言葉に直せば、単価290円のビールを24缶買ったら合計いくら?ってことですね。
数量セルをクリックしてセル番地を入力
Enterキーを押せば、答えが出ます。
数式の入力完了

これで、例えば、ビールの単価を280円に入力し直してみると、合計金額も瞬時に修正されます。
エクセルの数値を修正すると、自動で再計算

オートフィル機能で、数式をコピー

さて、ここで誰もが考えるのは、「合計金額」の他のセルにも数式入力の操作を繰り返さなけりゃならないの? ってことですね。

で、誰もが予想するように、数式コピーで一括まとめて金額が算出されるワザがあるわけです!

オートフィルで数式をコピーして一括まとめ計算するワザ

未計算の数式セルに表示する「0」を消す

データを入力する前の小計・合計セルには「0」が表示されます。合計欄にズラッと「0」が並んでるのを見るとストレス感じますね。これを消しておく方法もあります。

小計・合計の「0」を消したい時の2通りの対処方法。オプション設定する最も簡単でスピーディな方法と、IF関数を使って0を非表示にする定番の方法を図解します。

Excelで0が表示されないようにする一番簡単な方法と定番の方法

Excel

タイトルとURLをコピーしました