Excel(エクセル)の昇順と降順|並び替えの基本を詳しく

Excel(エクセル)の昇順と降順|並び替えの基本を詳しく
Excelデータベース

Excel(エクセル)の昇順と降順|並び替えの基本を詳しく

昇順・降順とは?

Excel (エクセル)で売上表などを分析する時、昇順(しょうじゅん)と降順(こうじゅん)でソート(並び替え)をかけることがよくあります。小さい順に並べるのと大きい順に並べるのがあるのは分かるけど、どっちがどっちだったっけ?・・・と迷う――これもよくある話です。そこで、昇順と降順について分かりやすくまとめてみました。
数値だけでなく、アルファベット、五十音順、日付、時刻の昇順・降順、テーブルやフィルター機能のプルダウンで昇順・降順を実行する、または解除する方法などを解説しています。

昇順

昇順のイメージは「昇る」。普通の順序、規定の順番です。「昇順は小さい順」という覚え方をしてもいいと思います。
昇順のイメージは「昇る」

  • 英語:Ascending order (略)Asc
  • WordPressなどでコードの記述:asc
  • ソート:小さい方から
  • 対応するExcel関数:SMALL

降順

降順のイメージは「降りる」。反対の順序、逆順です。「降順は大きい順」または「降順は逆順」という覚え方をしてもいいと思います。
降順のイメージは「降りる」

  • 英語:Descending order (略)Desc
  • WordPressなどでコードの記述:desc
  • ソート:大きい方から
  • 対応するExcel関数:LARGE

昇順・降順で並べ換えるルール

「昇順」「降順」で並べ替える基準は、文字列、数字、記号、アルファベット、日付、セルやフォントの色など多様です。並び替えにはルールがあります。その主なものを以下に掲載します。

数字・記号を並び替え

  • 「昇順」では、数字は小さい方から12345・・・の順にソートされます。
    昇順で数字は小さい順にソート
  • 「降順」では、数字は大きい方から54321の順にソートされます。
    降順で数字は大きい順にソート
  • 「昇順」では、記号は文字コード順にソートされます。
    昇順で記号は文字コード順にソート
  • 「降順」では、記号は文字コードの逆順にソートされます。
    降順で記号は文字コードの逆順にソート

アルファベットを並び替え

  • 「昇順」では、アルファベットはABCDE・・・の順にソートされます。
    「昇順」では、アルファベットはABCDEの順にソート
  • 「降順」では、アルファベットはZYXWV・・・の順にソートされます。
    「昇順」では、アルファベットはZYXWVの順にソート

アルファベットの順番の並び替えでは大文字小文字の区別はしません。

五十音で文字を並び替え

  • 「昇順」では、五十音はあいうえお・・・の順にソートされます。
    「昇順」では、五十音は「あいうえお」の順にソート
  • 「降順」では、五十音はわろれるり・・・の順にソートされます。
    「降順」では、五十音は「わろれるり」の順にソート

ひらがなとカタカナは区別されません。

文字の並び替えができない時の対処法

上図の月の和名はオートフィルで簡単に入力できますが、それだと読み情報がExcelに伝わらないのでソートが正常に行われません。文字の昇順・降順で一部の並び順がおかしいような時は、正しい読みで入力、変換してみて下さい。漢字が読み情報を持っている(手入力した)場合は、ひらがな・カタカナ漢字共に区別なく「読み」通りの順位(昇順なら、あいうえお順)になります。

名前や住所などを正確にソートしたいなら、文字列をコピペせずに、キーボードで読み通りに入力するのがベストです。

日付の古い新しいで並び替え

  • 「昇順」では、日付は古い方から順にソートされます。
    昇順で日付は古い順にソート
  • 「降順」では、日付は新しい方から順にソートされます。
    降順で日付は新しい順にソート

時刻の早い遅いで並び替え

  • 「昇順」では、時刻は早い方から順にソートされます。
    昇順で時間は早い順にソート
  • 「降順」では、時刻は遅い方から順にソートされます。
    降順で時間は遅い順にソート

数字・記号・文字列が混在した範囲を並び替え

文字と数字のデータが混在しているような場合には、以下のような規定の優先順位に従って並べ替えられます。

  • 【昇順】 数字 → 記号 → アルファベット → ひらがな(カタカナ) → 漢字
    数字・記号・文字列が混在した範囲を昇順で並び替え
  • 【降順】 漢字 → ひらがな(カタカナ) → アルファベット → 記号 → 数字
    数字・記号・文字列が混在した範囲を降順で並び替え

Excelで昇順・降順を実行する方法

Excel(エクセル)で昇順と降順を実行するには幾つかの方法があります。

昇順・降順アイコン

Excelで昇順・降順の簡単な並び替えをするなら、表内のセルを選択して、「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループにある昇順・降順アイコンをクリックします。
「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループにある昇順・降順アイコンをクリック

「ホーム」タブの「編集」グループの「並べ替えとフィルター」ボタンをクリックして引き出されるプルダウンリストから「昇順」「降順」を実行することもできます。
「ホーム」タブ「編集」グループ「並べ替えとフィルター」ボタン→プルダウンリスト→「昇順」「降順」を実行

または、表の上で右クリックして、表示されたメニューから「並べ替え」→「昇順」または「降順」を選択します。
セル上で右クリック→並べ替え→昇順または降順

表の1部分だけを並べ換えることもできます。
ただ、表の部分的なセル範囲を選択して昇順・降順アイコンをクリックすると、その範囲の右列以降にデータがある場合には以下のような注意喚起画面が開きます。
選択範囲の右列以降にデータがある場合に注意喚起画面が開く
この場合、「範囲を拡張する」と「選択範囲だけ並べ換える」の2つの選択肢がありますので、どちらかにチェックを入れて実行します。選択範囲だけ並べ換えると、レコード(行範囲)の他のセルはそのままの状態になります。

テーブルとフィルターのプルダウン▽ボタン

テーブル化された表、フィルター機能を設定した表では、各列見出しにプルダウンの▽ボタンが付き、列ごとに昇順・降順で並べ換えることができます。

表・データベースをテーブルにするには、表内のセルを選択して「ホーム」タブ「スタイル」グループの「テーブルとして書式設定」ボタンをクリックします。テーブルのスタイルが一覧で表示されたら、気に入ったデザインを選んでクリック、選択範囲の確認画面が出たら「OK」。これで表がテーブル化され、列見出しにプルダウンの▽ボタンが付きます。
テーブル化してプルダウンリストの▽ボタンが付いた表

テーブル化せず、単にプルダウンの▽ボタンだけを付けたいなら、「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループ→「フィルター」をクリックします。
フィルター機能を設定してプルダウンの▽ボタンが付いた表

昇順・降順で並び替えしたい列見出しの▽プルダウンからメニューを引き出して実行します。
昇順・降順で並べ替えしたい列見出しの▽プルダウンから実行

昇順・降順を解除する

通常のセル範囲にかけた昇順・降順を解除する

もともと昇順(通常の序列)で並んでいた範囲を降順にして、それを戻したいなら、再度、昇順で並べ替えればいいわけですが、ランダムに並べられた表を昇順・降順で並べ替えた場合には「戻る」ボタンで解除するしかありません。Excelで重要なデータベースの並べ替えを行うような時は、元ブック、元シートを複製してから実行することをお勧めします。

テーブル・フィルターを設定した表で昇順・降順を解除する

テーブル化した表、フィルターを設定した表で昇順・降順を解除するには、あらかじめ連番(通し番号やコード番号)の列を作っておく必要があります。
昇順・降順を解除するには、あらかじめ連番を振っておく
商品名などの他の列を昇順・降順で並べ替えると連番も連動して変わります。元の表データにリセットしたい場合は、この連番の列を「昇順」で並べ替えることで戻せます。
元の表データにリセットしたい場合は連番の列を「昇順」で並べ替える
昇順・降順で並べ替えることを考慮して、データベース・表には連番の列を設けておきましょう。

Excelグラフで昇順・降順を入れ替える

グラフの項目軸を並べ替える操作、円グラフの元表を降順にする操作です。

円グラフは数値の大きい順(降順)に構成します。その操作については以下の記事に掲載しています

円グラフの作り方|外せない作法と基本テクニック
円グラフを作成する上でのちょこっとした作法と、他のグラフでは補助的な存在ながら円グラフではメイン要素であるデータラベルの表示と配置

横棒グラフの項目を逆順に並べ替える操作については以下の記事に掲載しています

横棒グラフの項目軸の並べ替えとランダムな並べ替え
表から横棒のグラフを作ると項目名の並び順が逆。これを並べ替える方法と表を弄らずに項目名だけをランダムに入れ替える方法を解説
昇順・降順のまとめ
  • 昇順(Ascending order/Asc)は小さい方からの順番に並べ替えます
  • 降順(Descending order/Desc)は大きい方からの順番に並べ替えます
  • 数字は昇順:12345・・・、降順:54321・・・の順番で並びます
  • 記号は昇順:文字コード順、降順:文字コードの逆順で並びます
  • アルファベットは昇順:ABC・・・、降順:ZYX・・・の順番で並びます
  • 日本語の五十音は昇順:あいうえお順、降順:わろれるり順で並びます
  • 漢字は読み通りに入力しないと正しく昇順・降順に並び替えできないことがあります
  • 日付は昇順:古い方から順番、降順:新しい方から順番で並びます
  • 時刻は昇順:早い方から順番、降順:遅い方から順番で並びます
  • 文字と数字が混合した範囲での昇順:数字 → 記号 → アルファベット → ひらがな(カタカナ) → 漢字の順で並び替え
  • 文字と数字が混合した範囲での降順:漢字 → ひらがな(カタカナ) → アルファベット → 記号 → 数字の順で並び替え
タイトルとURLをコピーしました