ワード使いこなしの基礎と応用


ページ番号を自動で振る

ページのヘッダーやフッターに自動でページ番号を挿入させます。ファイルのページに番号を振る基本設定とヘッダー・フッター・左右余白それぞれのページ番号表示例、番号の数字の書式を変える方法を図解します。

目次


ページ番号の基本設定

ページ番号は通常ヘッダーかフッターに表示させます。▶ヘッダーとフッター詳細

挿入」タブをクリック。
挿入タブをクリック
ヘッダーとフッター」グループの「ページ番号▼」からメニューを展開させて番号を表示させたい位置を選んでポイントします。
ページ番号のメニューから表示場所を選択
ページの上部」はヘッダー、「ページの下部」はフッター、「ページの余白」は左右の余白、「現在の位置」はあらかじめ番号を表示させたい位置にカーソルを置いてから選びます。

ここではフッターに表示させることにして「ページの下部」にマウスポインタを合わせ、右横に出現するスタイルの一覧を下へスクロールして好みのものを選びます。
ページ番号のスタイルを選択
これ!っていうデザインがなくても一番近そうなのを選んでおけば、後で書式は修正できます。

ページ番号の表示例

ヘッダーに表示させた例
ヘッダーにページ番号を表示させた例(ページ全体)
描画ツール-書式」で「図形の編集」⇒「図形の変更」。更に図形のスタイルを適用、フォントサイズを少し大きくして位置を修正しました。
ヘッダーにページ番号を表示させた例(拡大)

フッターに表示させた例
フッターにページ番号を表示させた例(ページ全体)
シンプルな表示例。フォントの色とサイズをちょっとだけ変更。
フッターにページ番号を表示させた例(拡大)

余白(右)に表示させた例
右の余白にページ番号を表示させた例(ページ全体)右の余白にページ番号を表示させた例(拡大)
図形のスタイルを適用し数字の位置を中央揃えに修正。図形の位置もドラッグで変更。

ページ番号の数字の書式を「-1-」「Ⅰ」「壱」などに変更する

ページ番号の数字の形式も簡単に替えることができます。

ヘッダー/フッターツール-デザイン」タブ、または「挿入」タブの「ページ番号▼」からメニューを展開して「ページ番号の書式設定」をクリックします。

ページ番号の書式設定をクリック
ページ番号の書式」ダイアログボックスが開くので、一番上の「番号書式」横にあるボックスの▼から下へスクロールして選びます。
ダイアログボックス出番号書式を選択

その他のページ番号書式
「-1-、-2-、-3-」「A,B,C」の他、「一、十、百」「壱、弐、参」などにも変更可能。

Officeで作れるもの