ワード使いこなしの基礎と応用

ラベルに印刷する|Wordで名刺を作~る

名刺のデザインが完成したら、いよいよ印刷。

デザインの作成段階で印刷のズレに配慮してあれば、大きくミスっちゃうことはないはず!…と思うので、自分とプリンターの性能を信じて印刷開始です。

まずはプリンターの電源をONして、パソコンにつないで下さいね。

目次


Word側での印刷設定

ファイルのタブタブを開いて、左サイドメニューの「印刷」をクリック。

右側のページに印刷の設定画面と印刷するファイルの画像が表示されました。Wordの印刷設定画面

この設定はほとんど変える必要がありません。
片面印刷、縦方向、A4、ユーザー設定の余白…でOK。

ここで確認するのは「プリンター」にお手持ちの機種名が表示されていて、その下に「準備完了」と出ているかどうかです。

印刷の品質に関する設定はプリンター側で行うため、「準備完了」になっていれば、その下にある「プリンターのプロパティ」というリンクテキストをクリックして下さい。

プリンターのプロパティ

プリンター側で印刷プロパティ設定

プリンターのプロパティ」をクリックして出てくる設定画面は、お手持ちの機種のメーカーによって仕様が異なります。ただ、大きな違いではないし、基本は共通してます。

下の画像はCanonのプロパティです。用紙サイズはデフォルトでA4になってると思うので、変更するのは「用紙の種類」と「印刷品質」の2項目。

それと、印刷前に印刷結果をプレビューする項目にチェックを入れましょう。

プリンタードライバの設定画面

印刷用紙の包装ビニールか、中に入ってる説明書に主だったプリンターメーカーの設定表が記載されているはずですから、それを確認して設定するのが一番安全です。

参考までに、手元にある名刺用紙に記載されていた設定を書いておきます。

[プリンタドライバ設定表]
EPSON Canon hp/NEC
スーパーファイン紙 写真用紙 光沢
又はプロフォトペーパー
hpプレミアム
インクジェット専用紙
標準 /推奨設定きれい きれい /カスタム品位1 ベスト /最大dpi

試し刷りは必須です!

名刺用紙をセットして、本番の印刷に入る前に、必ず試し刷りをしましょう。

「やっちまった!」…って感じの大きな印刷事故じゃなくても、想定していた色と微妙に違うとか、やっぱ名前のフォントサイズが大きすぎかも?とか、気に入らない点の一つや二つや三つが出てくるのは、むしろ当たり前。いきなり印刷で「完璧!!」ってなる方があり得ませんね。

印刷用紙の袋にはたぶん、テスト用のシートが同梱されていると思います。少なくともそれで一回は試し刷りすることを熱烈にお勧めします。

A4のインクジェット紙かコピー紙があれば、それで試し刷りの試し刷りをしてもいいし、念には念を入れましょう。

印刷ボタンを押して、印刷開始

Wordの「ファイル」⇒「印刷」に戻って、「印刷」ボタンを押します。Wordの印刷スタート

「余白が小さすぎます・・・なんたらかんたら・・・印刷を続けますか?」警告画面

という警告画面が出てきたら、Enterキーか「はい」を押して閉じましょう。

プリンター側のプレビューがここで表示されると思いますので、最終確認して下さい。

白背景のシンプルな名刺も、フチまでデザインのある名刺も、印刷設定は同じ!
用紙のセット方向に気をつけてね!
絶対に「フチなし印刷」の設定はしちゃダメ!

Officeで作れるもの