ワード使いこなしの基礎と応用


セクション区切りを挿入する

Wordで「セクション区切り」を挿入する手順です。ページ単位でセクションを区切る場合、特定の範囲を区切る場合を図解しています。

目次


ページ単位でセクションを区切る

色分けされた範囲でセクションを区切っていきます。
セクションを色分け

※既に改ページを行って文書の体裁をある程度整えている場合は、セクションを区切る時に段落記号がセクションの冒頭に移動してきて一々それを修正する必要がでてきます。できれば見出し位置で自動改ページさせるような設定は解除してから作業する方がスムーズだと思います。

このサンプルでは改ページを行っておらず、文章を続けて入力しています。

1ページ目のセクション分けしたい段落の冒頭にカーソルを置いて、
セクションを区切る範囲の冒頭にカーソルを置く
レイアウト」タブの「ページ設定」グループにある「区切り▼」からメニューを展開させて「セクション区切り」の「次のページから開始」をクリック。
セクション区切りの次のページから開始をクリック
セクション区切りが挿入されました。
セクション区切りが挿入された

※新セクションの最初の見出しの前の間隔が広がって最終行が次のページに押し出されたような場合は段落前の間隔を「0」にすると解消されるかもしれません。レイアウトの崩れが無ければ気にしなくていいですが。
段落前の間隔を修正する

3ページ目はちょうどセクションを区切りたいところでページが始まっているので、ページの最初の見出しの先頭にカーソルを置いて、
ページの最初の見出しの先頭にカーソルを置く
セクション区切り」の「現在の位置から開始」をクリック。
セクション区切りの「現在の位置から開始」をクリック
3ページ目の冒頭にセクション区切りが挿入されました。
3ページ目にセクション区切りが挿入された
これでページごとにセクション分けができました。各ページに固有のレイアウトが設定できます。
ページごとに横向き・縦書き・段組みを設定
▶セクションの活用法いろいろ
▶セクション区切りで段組みを適用し、リスト形式の文章を3段に並べる
▶ページごとにヘッダー・フッターを変えるセクションの活用法

特定の範囲を区切る

ページ内の特定の範囲をセクションで区切りたい場合も操作は同じです。

(1)セクションで区切る範囲の先頭に最初のカーソルを置いて「現在の位置から開始」をクリック
(2)次に区切る範囲の1段下の行頭にカーソルを置いて「現在の位置から開始」をクリック

特定範囲をセクション区切りする時のカーソルの位置
セクション区切りの「現在の位置から開始」をクリック
「セクション区切り」が挿入されました。
範囲を挟むようにセクション区切りが挿入された

後はセクションに適用させたい設定(▶セクションの活用法)を行うだけです。

Officeで作れるもの