ワード使いこなしの基礎と応用


はがき文書(案内状・DM・年賀状など)の基本設定

挨拶状や案内状など「はがき」の用途はとても多く、文書型の通信手段の中では最も生活に密着しています。はがきサイズの文書を作成する上での基本設定を図解します。

目次


はがきサイズの設定方法

「はがき」によらず、文書の基本設定は「ページレイアウト」タブで行います。「ページレイアウト」をクリックすると、配下の機能ボタンが並んだリボンが開きます。Word「ページレイアウト」リボン
ファイルは文書を構成するオブジェクト(テキスト・画像・写真)を詰め込む容器です。この容器を最適化するのに必要な機能はリボンの左端にある「ページ設定」グループ(図では分かりやすくするためにブルーに着色してあるエリア)に格納されています。

Word「ページ設定」サイズ
この中の「サイズ▼」ボタンを押すと、用紙サイズの選択肢が並ぶプルダウンメニューが降りてきます。
Word「サイズ」ボタンWord・文書サイズのプルダウンメニュー

この中から「はがき 100mm×148mm」を選んでクリック、ファイルの大きさがはがきサイズに変わりました。
はがきサイズのファイル

余白の設定方法

「余白」は文書全体の上下左右のフチに設ける空白域です。
文章をそのまま打ち込んでいく場合に、自動で折り返してくれる制限ラインでもあり、文書の体裁を整える第一歩でもあります。

設定するには「ページレイアウト」「ページ設定」グループの「余白▼」ボタンを押して、数値の選択肢が並ぶプルダウンメニューの中から最適なものを選んでクリックします。
Word「ページ設定」グループ余白サイズのプルダウンメニュー
「はがき」文書の作成では、はがきサイズで作られたテンプレートや背景画像を用いることが多いと思いますが、その場合は上下左右全て0㎜に設定します。

ところが、メニューの選択肢にこの数値は入っていません。

そんな時は、メニュー最下部の「ユーザー設定の余白」をクリックして下さい。(下図は2013の画像ですが、2010も基本は同じ)
Word「余白」ボタン余白のユーザー設定ボタン
「ページ設定」ダイアログボックスが開きました。

「ページ設定」ダイアログボックスはグループの右下隅にある小さな矢印をクリックすることでも開くことができます(下図参照)「ページ設定」ダイアログボックスを表示させるコーナーボタン

余白のダイアログボックス・初期値

初期値では「余白」は左図のように 設定されているので、これを全て0㎜に変更していきましょう。
余白・上の数値選択
「上」35という数値をドラッグして選択(背景がブルーに変わったら)キーボードの「0」を打ち込んで下さい。
余白・上の数値を0に変更
「左」「下」「右」は全て30㎜になっているので、「3」[0」の間をクリック、deleteキーを押して「3」を削除。
余白の左右下の数値を変更
以下のように全て0㎜にしたら、OKのボタン画像をクリックします。

※下図のような警告が現れますが、「無視」をクリックして下さい。
余白0㎜設定時の警告

余白を全て0㎜に変更
余白の位置を表す¬記号が無くなりました。
はがきサイズのファイル arrow3余白0㎜のファイル

ここで設定された余白(上下左右0㎜)は、次回は「ユーザー設定」としてプルダウンメニューの一番上に出てくるので、設定し直す必要はないよ!最後に適用したユーザー設定

「はがき」を横向きにする

「はがき」を横向きに使う設定方法です。
Word「印刷の向き」ボタン
「ページ設定」グループの「印刷の向き▼」ボタンを押して、プルダウンメニューから「横」を選んでクリック。ファイルが横向きになりました。
印刷の向きのプルダウンメニューから横を選ぶ 横向きのはがきファイル

Officeで作れるもの