ワード使いこなしの基礎と応用


Wordグラデーションの基礎

文書のビジュアルの印象度をアップさせたい!と思った時は、図形やテキストにグラデーション効果を使ってみましょう。Wordのグラデーションは高機能な画像編集ソフト並みの優れもの。色の組み合わせや方向を工夫すれば、思った通りの効果が得られますよ。

まずは、基本操作をサラッと覚えてしまいましょう。

目次


グラデーションの設定

グラデーションは図形とテキストの他、ファイルの背景にも適用できます。

ただ、ファイルの背景に直接グラデーションを適用させると、ブラウザに表示されるのと印刷結果が異なってしまう(印刷するとグラデーションが正方形のタイル状に敷き詰められる)ので、お勧めできません。多少手間ですが、背景にグラデーションを使う場合、ファイルサイズの図形を作成し、その図形にグラデーションを適用させるのがベストだと思います。

グラデーションの設定画面を表示させるには、いくつかのパターンがあります。

【パターン1.Word2013】
グラデーションを適用させる図形を選択すると、リボンが「描画ツール」ー「書式」タブになっていると思います。2013ではこの時点で、下図のように全画面の右横に備え付けの「図形の書式設定」作業ウィンドウが出ているかもしれません。この場合、この作業ウィンドウで図形の塗りつぶしと線アイコン(塗りつぶしと線)⇒「塗りつぶし」⇒「塗りつぶし(グラデーション)」のラジオボタンをオンにします。

Word2013図形の書式設定

【パターン2.Word2013、2010共通】
Word2010で操作する場合(または、2013で画面の右横に作業ウィンドウがない場合)には、図形の上で右クリックして、表示されるコンテキストメニューから「図形の書式設定」を選んでクリックするか、「描画ツール」ー「書式」タブ「図形のスタイル」グループの右横下隅にある小さな矢印をクリックして「図形の書式設定」を開きます。
図形のスタイルグループ
2010の「図形の書式設定」は下図のようなダイアログボックスになりますが、2013と操作や仕様に違いはありません。
Word2010図形の書式設定

【パターン3.Word2013、2010共通】
「描画ツール」ー「書式」タブ「図形のスタイル」グループの「図形の塗りつぶし」をクリックし、「グラデーション」⇒「その他のグラデーション」をクリックします。
グラデーションの一覧
それぞれ使いやすいパターンで操作して下さい。下図の赤線で囲ったエリアが、グラデーションの詳細設定を行う場所です。
2013グラデーションの詳細設定
 2010グラデーションの詳細設定

グラデーションの種類

Wordのグラデーションには4つの種類があります。
「種類」はデフォルトでは「線形」になっていますので、プルダウンメニューから適用したいグラデーションの種類を選びます。
グラデーションの種類を選択

【線形】
最も基本的で、使用頻度の高いグラデーションです。
迷ったら、線形グラデーションを選んでおけば間違いないでしょう。色の方向や組み合わせでかなり印象が違って見えますから、バリエーションは多彩です。
線形グラデーションの適用サンプル1 線形グラデーションの適用サンプル2

【放射】
円型グラデーションと言い換えてもいいかもしれません。スポットライト風な効果を持たせたい時やラウンドした柔らかいグラデーションにしたい時に使いましょう。
放射グラデーションの適用サンプル1 放射グラデーションの適用サンプル2

【四角】
シャープな角型にグラデーションが広がるタイプです。四角形の図形以外ではあまり使わないと思います。山型風の立体的なボタンを作る時などに役立ちそうです。
四角グラデーションの適用サンプル1 四角グラデーションの適用サンプル2

【パス】
図形の形に添ってグラデーションが流れるタイプです。
方向は中心から外側への1方向だけで、他の選択肢はありません。このサンプルのように、やや複雑な形状の図形に適用する時に使います。
パスのグラデーションの適用サンプル1 パスのグラデーションの適用サンプル2

色の指定と分岐点で滑らかなグラデーションを作る

グラデーションの色合いと方向を細かく設定することもできます。
グラデーションの分岐点
「グラデーションの分岐点」というスライダーがありますね。ここが色合いを決める場所です。それぞれの分岐点分岐点アイコンをクリックして、下の「色」グラデーションの色ボタンのプルダウンメニューから色を選びます。
グラデーションの分岐点の色設定
選択中の分岐点の色を変えてみました。
分岐点の色を変更グラデーションの設定変更サンプル
分岐点は増やすことも減らすこともできます。

【分岐点を増やす二つの方法】

方法1.「グラデーションの分岐点」のバー上の、分岐点を増やしたい個所を直接クリックする。

方法2.分岐点を増やしたい個所のすぐ左隣にある分岐点を選択して、右側にある+のボタンをクリックする。

分岐点を増やす方法
1.2.のどちらのやり方でもOK。分岐点が増えました。
グラデーションの分岐点が増える

【分岐点を減らす二つの方法】

方法1.無くしたい分岐点を下方か上方へ直接ドラッグしてバーから外す。

方法2.無くしたい分岐点を選択して、右側にある×のボタンをクリックする。

分岐点を減らす
1.2.のどちらのやり方でもOK。分岐点が消えました。
グラデーションの分岐点が減る

分岐点はいくらでも増やせますが、分岐点同士の間隔が狭いと、同系色の濃淡をよほどキレイに並べない限り、グラデーションの色の流れが滑らかにいきません。デザインにもよりますが、色の境界が目立たないグラデーションを適用したいなら、分岐点同士の間隔を適正に保つ必要があります。

分岐点は左右にスライドさせることで位置を変えられるので、グラデーションの襞を伸ばすようなイメージで滑らかに整えて下さい。
グラデーションを滑らかにする

Officeで作れるもの