ワード使いこなしの基礎と応用


文字間隔を詳細に調整する

Wordは文字を入力していけば自動で文字間隔を調整してくれますが、最適な文字間隔は千差万別。個別に文字間隔を思い通りに調整する方法を「字間を広げる」「狭める」「上下の文字列幅を均等に揃える(均等割り付け)」の3つのケースでそれぞれ図解します。

目次


見出しだけ字間を広げて目立たせたい

パーティの開催案内の文書をサンプルにして文字間隔を調整していきます。
文字間隔の調整に使うサンプル文書

タイトルや見出しを目立たせたい時、文字を大きくしたり太字にする以外に字間を広げるのもとても効果的です。ドラッグしてタイトルの文字列を選択します。
ドラッグしてタイトルの文字列を選択
ホーム」タブの「フォント」グループ右下角にある小さな斜め矢印をクリック。
フォントのダイアログボックス表示矢印をクリック
フォント」ダイアログボックスが開いたら「詳細設定」タブに切り替え、「文字間隔」横の▼からリストを展開して「広く」を選びます。
ダイアログボックスで文字間隔を「広く」に設定
間隔」に「1pt」という数値が表示され、字間が1pt広がったことが分かります。
間隔の数値が1ptと表示される
こんな感じ↓に広がっています。
タイトルの字間が1pt広がった
もっと詳細に間隔を設定したい場合は、「1pt」の▲を一度押すごとに0.1ptずつ間隔が広がるので、プレビューを確認しながら調整していきましょう。

「2pt」にするとこんな感じ。
間隔を2ptにした場合

2行になった文章を字間を狭めて1行に収めたい

下の文章のように1文字~2文字が次の行にこぼれてしまっていると見栄えが悪くなるので、字間を狭めて1行に収めます。
1~2文字が次の行にこぼれたケース
文章をまとめて選択し、
文字間隔を狭める対象の文章を選択
タイトルの字間を広げた時と同様、「ホーム」タブから「フォント」ダイアログボックスを開いて「詳細設定」に切り替え、「文字間隔」横の▼からリストを展開して、今度は「狭く」を選びます。
フォントのダイアログボックスで文字間隔を「狭く」に設定
広げた時と同様、「間隔」が「1pt」になり、プレビューの文章の字間が狭くなりましたが、狭める時はちょっと注意が必要。

プレビューを見ると、狭くなり過ぎて文字が重なってしまっている箇所がありますね。
間隔が狭くなり過ぎて文字が重なった
これは半角英数字が文章内に混在している場合などに起こりがち。そこで、「1pt」横の▲を押して狭める幅を小さく修正していきます。
文字の間隔の数値を小さく変更
「0.3pt」で重なりがなくなりましたので、とりあえずOKを押します。
文章が1行に収まった
この場合は、これでうまく1行に収まりました。幅を小さくしすぎて文字がこぼれたままだったりしたら、再度調整します。今回は二つの文章をまとめて調整しましたが、1つずつ丁寧に調整した方がいい場合もありますね。

リスト項目などで文字数の異なる文字列を上下で同じ幅に揃えたい

下図のような箇条書き(赤線で囲った箇所)の文字幅を揃える設定です。
箇条書きの項目の文字列幅を揃えるサンプル

一番多い文字列(ここでは「開始時間」と「開催場所」)に幅を合わせます。字間を広げる文字列(最初は「開催日」)を選択します。
字間を広げる文字列を選択
ホーム」タブ「段落」グループの「均等割り付け」ボタン均等割り付けボタンをクリックします。
ホームの段落にある均等割り付けボタンをクリック

均等割り付け」については、ボタンをポイントした時にポップアップされる説明書きに以下のような記述があります。
均等割り付けのポップアップ説明
文章や文字列の両端がピッタリ揃う機能だということですね。

均等割り付け」ダイアログボックスが開きます。
均等割り付けダイアログボックスで新しい文字幅を「4字」に設定
新しい文字列の幅」の数値を▲を押して「開始時間」と「開催場所」の文字数「4字」に変更して「OK」。
箇条書きの文字幅が均等に揃った
きれいに揃いましたね。「会費」の文字列も同様の操作で割り付けして完了。

文字間隔を調整するだけで文書としての体裁が大きく変わりますね(修正した箇所は赤線で囲ってあります)※下の画像をクリックで拡大表示
文字間隔の調整前と調整後の文書サンプル

Officeで作れるもの