Powerpoint使いこなしの基礎と応用

作って学ぶプレゼンテーション・日本ワイン編【5】
スライドにグラフを挿入する

プレゼンテーションにグラフは付き物。数値の推移や割合が一目で分かるグラフはプレゼンの説得力を高めるのに必須のアイテムです。このページではグラフの作成、配置、デザインのカスタマイズを中心に解説しながら「日本ワインの現状」というタイトルのスライドを作成していきます。

下図は完成したスライドのサンプルです。※画像をクリックで拡大表示
日本ワインをテーマにしたプレゼンのスライド・グラフの挿入

プレゼンテーション(日本ワイン編)作成のプロセス


Step5.スライドにグラフを挿入して説得力を高める

step-arrow

グラフ以外のコンテンツを作成

新しいスライド▼」から「タイトル付きのコンテンツ」を選んでクリック。
タイトル付きコンテンツをクリック
新規のスライドが追加されました。
新規スライドが挿入された
左上の「タイトルを入力」とあるプレースホルダーの中をクリックしてスライドの大見出しを入力。その下の「テキストを入力」に解説文を打ち込みます。
タイトルと説明文を入力
タイトルは「日本ワインの」と「現状」の間で改行し(行間:固定値 50pt)、前行のフォントサイズは32pt、「現状」という語句がスライドの主題になるので44ptにして色も薄いブルーに変え、透明度をかなり強めた光彩(同系色か白)をわずかに適用、更に3―D書式で立体化して全体を強調しました。効果は付けない方がスッキリするかもしれませんね。ココらへんはスライドの雰囲気やプレゼンのテーマに合うようにいろいろ試してみて下さい。

説明文の方はフォントサイズを12ptにし、文字列の配置を「左寄せ」にしただけで、それ以外の書式に変更は加えていません。
テキストの左寄せボタン
文章は冒頭の完成したスライドを眺めて、思いついたことを適当に入力してみましょう。限られたエリア内に過不足なく説明文を書き込む練習になると思います。

補助縦棒付き円グラフを作成

このスライドには二つのグラフを挿入することにします。

スポンサーリンク

最初は「ワイン出荷量に占める国産ワインの比率」と題した補助グラフ付きの円グラフを作成してみましょう。

右側のコンテンツ用プレースホルダーの「グラフ」アイコンをクリック。
プレースホルダーにあるグラフのアイコン
グラフの挿入」ダイアログボックスが開いたら、左サイドの一覧から「円グラフ」をクリック、右上の図から「補助縦棒付き円グラフ」をクリックします。
グラフの挿入ダイアログで補助縦棒付き円グラフを選択
「OK」すると、スライドに下図のようなグラフサンプルが挿入されます。
補助縦棒付き円グラフとスプレッドシートが挿入された
ウィンドウのスプレッドシートにある表のサンプルを下図のように修正します。
スプレッドシートの表データを修正
練習用ですから、数値は入力しやすいよう大雑把になっています。実際の資料には流用できませんのでご注意下さい。

スポンサーリンク

表を修正すると、グラフに反映されます。グラフの右上に3つ並んだアイコンの内、一番上のグリーンの十字「グラフ要素」をクリック、吹き出し型に表示された要素一覧の「凡例」のチェックを外し、「データラベル」のチェックを入れます
グラフ要素の凡例からチェックを外し、データラベルのチェックを入れる
データラベル」は表示されましたが、出荷数になっているので、これを変えます。この数値のデータラベルをダブルクリック。
データラベルをダブルクリック
データラベルの書式設定」作業ウィンドウが開いたら、「ラベルオプション」の棒グラフ型アイコンをクリック、「ラベルの内容」の「値」と「引き出し線を表示する」のチェックを外し、「分類名」と「パーセンテージ」にチェックを入れます
データラベルの書式設定で表示項目を設定
「国産ワイン」となるべき「分類名」が「その他」と表示されているのと、補助縦棒グラフのパーセンテージが主要グラフ全体の割合になっているのを修正します。
データラベルを修正
「データラベル」が選択された状態で修正するラベルをもう一度クリック。クリックされたラベルだけが選択されますので、修正箇所をドラッグして適正な文字列を入力。ラベルをドラッグしてそれぞれの系列の中央へ配置します。
データラベルの位置を調整
このままでもいいですが、デザインを変えたい場合はグラフ全体を選択して「グラフツール」-「デザイン」の「グラフスタイル」から選びましょう。ここでは「スタイル12」を適用してみました。(「グラフスタイル」一覧の右下角にある▼をクリックすればリスト全体が展開します)
グラフツール⇒デザインのグラフスタイル一覧から選ぶ
系列の色も「テーマの色」から選んで変えてみました。それぞれの系列(円グラフの扇型・棒の四角形)を1つずつクリックして「データ要素の書式設定」で設定します。
データ要素の書式設定で色を変更
最後に「グラフタイトル」を入力し、グラフ全体を適宜縮小して位置を調整します。データラベルのフォントサイズも必要なら小さくし、配置がずれたら修正します。
補助縦棒付き円グラフの完成
▶補助円付き円グラフの作り方はこちらを参考にして下さい

棒グラフの挿入

もう一つ、「ワイン消費量の推移」というグラフを置くことにします。このグラフの作成方法は▶グラフを全てPowerPointだけで作る手順で解説しています。

下図が使用した表データです。(単位:KL)
積み上げ棒グラフの表データ
作成したグラフの見栄えを以下のように整えました。参考にして下さい。

「グラフツール-デザイン」タブの「グラフのスタイル」から「スタイル8」を適用  グラフ全体を適宜縮小 ⇒ 「グラフタイトル」を入力し、フォントサイズを14ptに変更 ⇒ 縦軸と横軸のフォントサイズを9ptに変更  凡例のフォントサイズを10ptに変更し、ドラッグしてグラフ内の上側に移動  「プロットエリア」をぎりぎりまで拡大

棒グラフのカスタマイズ手順
更に、系列(棒)をダブルクリックして「データ系列の書式設定」で「棒の形状」を四角柱から円柱に変えました。ついでに各系列の色をピンク~パープル系に変更。
「棒の形状」を四角柱から円柱に変える
縦軸の上に「単位:kl」と入れたいと思います。規定の単位表示だと好きな文字列が入れられないので、ここは掟破りの「軸ラベル」を無理やり応用する手口を使います。

グラフ横に並ぶ3つのアイコンの内、一番上のグリーンの十字形をクリック、吹き出し型「グラフ要素」リストの「軸ラベル」にチェックを入れて「▶」からもう一つ吹き出し型を開いて「第1縦軸」のチェックを外します
グラフ要素の軸ラベルを表示
横軸のところに「軸ラベル」が表示されるので、これをドラッグして縦軸の上に配置し、
軸ラベルを移動
文字列を入力してフォントサイズを小さく(ここでは8pt)します。
軸ラベルに文字列入力
こんな↓感じ。複数のグラフを有効に使って、スライドを充実させましょう。
日本のワイン消費量の推移の積み上げ棒グラフ

これで、このスライドは完成です。 ※画像をクリックで拡大表示
日本ワインをテーマにしたプレゼンのスライド・グラフの挿入
▶次はアニメーションを使って人目を引きつける工夫をします

Officeで作れるもの