Powerpoint使いこなしの基礎と応用

パワポで表を作成(挿入)する方法は3通り

Powerpointでスライドに表を作成・挿入する手順を図解します。主に3通りのやり方があり、どれもスムーズです。行列のマス目で指定するか、決められた数値を入力して作成するか、直感的に自由な大きさの枠を描くか…。状況や好みに応じて選べます。

目次


マス目をクリックして行列を指定

タイル状に並んだマス目から範囲を指定する方法です。

スポンサーリンク

挿入」タブの「表▼」ボタンをクリック、
挿入の表▼ボタンをクリック
こんな↓マス目が表示されたら、その上をポイント。するとスライドの中に表が作成されます。マス目上でマウスを移動させると位置に応じて表の行列が変化しますので、適切なところでクリック。
表の挿入のマス目が表示される作成したい行列のマス目をクリック
3行5列の表が作成されました。
表が挿入された

数値を入力して行列を指定

マス目の下にある「表の挿入」というテキストをクリックするか、
表の挿入というテキストをクリック

コンテンツ用のスライドの中にある「表」ボタンをクリックします。
スライド内の表ボタンをクリック
「表の挿入」ダイアログが表示されたら、▲▼を押して列と行の数を指定します。
ダイアログで行列の数を入力
3行5列の表が作成されました。
表が挿入された

罫線で自由な大きさの表を作る

紙に自分で表の枠を描くように、自由な位置に線を引いて作成する方法です。

スポンサーリンク

マス目の下にある「罫線を引く」というテキストをクリック。
罫線を引くというテキストをクリック
マウスカーソルが鉛筆型になったら、スライド内で表の枠をドラッグして描きます。
マウスカーソルが鉛筆型になったら罫線で枠を描画
表の枠が描けたら、
表の外枠
「表ツール」-「デザイン」タブを開き、「罫線の作成」グループの「罫線を引く」ボタンをクリック。
表ツール⇒デザインの罫線を引くボタンをクリック
再び、マウスカーソルが鉛筆型になったら、枠内をドラッグして自由な位置に罫線を引いていきます。
枠内に罫線を引く
セル内に罫線を引くことも、斜め線を引くこともできます。
罫線で作成した表
罫線で区切られた長方形はセルになりますから、レイアウトやデザインでいろいろに加工・変更することも可能。
デザインを変えた表
限られた大きさのスペース内に表を置きたい時などはこの方法がいいかもしれませんね。

Officeで作れるもの