Powerpoint使いこなしの基礎と応用


壁に体当たりする文字のアニメーション

文字が壁に体当りしては跳ね返され、最後は倒すアニメーション作成サンプルです。「チャレンジ」がコンセプトの企画に最適。力強いメッセージを発信したい時に役立ちそう。ダウンロードできますから、自由に使って下さい。

ホイップで体当たりして跳ね返される

テキストを入力し、書式を整えておきます。力を印象付けたいのでゴシック系のフォントにボールドを適用しました。

スポンサーリンク

使用するオブジェクトはテキストホルダーが3つと壁の図形(長方形)。背景などをゴチャゴチャ入れず、できるだけシンプルな構図にした方が動きが映えると思います。
アニメーションを設定する元画像

一番上のテキストを選択してから「アニメーション」リストを展開して、その最下部にある「その他の開始効果」をクリック。
アニメーションのその他の開始効果
開始効果の変更」ダイアログボックスが開いたら下へスクロールして、「はなやか」というカテゴリの中にある「ホイップ」をクリック。
開始アニメーションからホイップをクリック
「効果のオプション」「効果」タブで「テキストの動作」を「すべて同時」に設定。
「テキストの動作」を「すべて同時」に設定
「タイミング」タブで「開始」を「直前の動作の後」に、「継続時間」を「0.75秒」に設定。
ホイップの効果のオプションのタイミングを設定
アニメーションの追加」で終了アニメーションの「縮小および回転」を適用します。
終了アニメーションで「縮小および回転」をクリック
「ホイップ」と同様に、「効果のオプション」「効果」タブで「テキストの動作」を「すべて同時」に設定。
縮小および回転の効果のオプションで「テキストの動作」を「すべて同時」に設定
「タイミング」タブで「開始」を「直前の動作と同時」に、「遅延」を「0.5秒」に、「継続時間」を「1秒(速く)」に設定。
縮小および回転でタイミングを設定
壁にぶつかって跳ね返され、クルクルッと小さくなって消える動きが付きました。

スポンサーリンク

アニメーションを設定したテキストをControlキーを押しながら下へドラッグして二つコピーします。アニメーションも一緒にコピーされるので、設定がラク。
アニメーションを設定したテキストをコピー
テキストを書き換えます。
テキストを書き換え
最後の文字列はフォントの色を赤にしておきます。

2番目のテキストは設定を変えずにそのまま。赤く色を変えたテキストの方は、アニメーションウィンドウで「ホイップ」の効果を選択して、「効果のオプション」を開き、「継続時間」を少し速めます。
③番目のテキストのホイップ効果の継続時間を速める
続けて「縮小および回転」を選択し、リストから「ズーム」を選んで入れ替えます。力負けして小さく丸まっていく代わりに勝利宣言するイメージですね。
縮小および回転をズームに入れ替える
「効果のオプション」を開き、「効果」タブで「消点」を「オブジェクトの中央」に、「テキストの動作」を「すべて同時」に設定。
ズームの効果オプションを設定
「タイミング」タブで「開始」を「直前の動作の後」に、「継続時間」を「0.5秒(さらに速く)」に設定。
ズームのタイミングを設定

もう一つ勝利のパフォーマンスを追加しましょう。「アニメーションの追加」で強調アニメーションの「補色」を適用します。
強調アニメーションの補色を追加
「効果のオプション」での設定はすべて「ズーム」と同じです。

最後に壁(図形で適当な大きさの長方形を描き、テクスチャ「砂」で塗りつぶし、3-D書式の「面取り=丸」を12pt程度適用)を選択してアニメーションを設定します。

最初と2番目のテキストに体当りされてほんの少しダメージを受けた感じにクラッと揺れる動きを付けましょう。

リストから強調アニメーションの「シーソー」を適用。
強調アニメーションのシーソーを適用
「アニメーションの追加」で更に二つの「シーソー」を適用します。

最初と2番目の「シーソー」の「効果のオプション」では「タイミング」タブで「開始」を「直前の動作と同時」に、「遅延」を「0.25秒」に、「継続時間」を「1秒(速く)」に設定。
シーソーのタイミングを設定
3番目の「シーソー」だけは「遅延」を0のままにします。

続けて「アニメーションの追加」で「スピン」を適用。
強調アニメーションのスピンを追加
更に、「フロート」を適用します。(フロートは「その他の終了効果」から表示)
終了アニメーションのフロートを追加
「スピン」の「効果のオプション」は「開始」を「直前の動作の後」にする以外はデフォルトのまま。「フロート」は「開始」を「直前の動作と同時」に、「遅延」を「1秒」に、「継続時間」を「1秒(速く)」に設定します。
フロートのタイミングを設定
これで壁が倒れて消える動きが付きました。

最後にアニメーションウィンドウを開いて効果の順序を入れ替えます。
アニメーションウィンドウで効果の順序を入れ替え
プレビューしてみて下さい。思った効果は得られましたか?
文字が壁に体当りする動き
実際の動きを確認したい方は↓このアニメーションをダウンロードして下さい。

▶このアニメーションをダウンロード ※テキストを書き換えて自由にお使い下さい。この素材そのものを再配布することはご遠慮下さい。

Officeで作れるもの