Powerpoint使いこなしの基礎と応用


舞うお花見文字のアニメーション

桜の花のように舞い落ちる文字のアニメーション作成サンプルです。お花見をテーマに作ったスライドに配置。最後にテキストの両横に桜の花が回転しながら現れます。ダウンロードできますから、自由に使って下さい。

フリップで文字を舞わせる

テキストを入力し、書式を整えておきます。ここでは「お花見」がテーマというシチュエーションなので、桜色のグラデーションで塗りつぶし、背景に馴染むダークブルーの影をほんの少し付けています。

スポンサーリンク

アニメーションを設定前の画像はこんな↓感じです。
アニメーション適用前の元画像

テキストのホルダーを選択してから「アニメーション」リストを展開して、その最下部にある「その他の開始効果」をクリック。
その他の開始効果
開始効果の変更」ダイアログボックスが開いたら下へスクロールして、「はなやか」というカテゴリの中にある「フリップ」をクリック。
開始効果の変更ダイアログで「フリップ」をクリック
「効果のオプション」「効果」タブで「テキストの動作」を「文字単位で表示」にし、「40%文字間で遅延」に設定。

この数値を大きくすれば文字ごとのアニメーション動作の間隔が長くなり、「100%」なら、最初の文字が動きを完結した直後に二つ目の文字が動きを開始することになるわけです。「40%」だと一つの文字がひらひら舞い降り始めた途中で二つ目の文字が舞い始め、ややランダムなイメージの動きになります。
フリップ効果のオプションの「効果」タブで設定
「タイミング」タブで「開始」を「直前の動作の後」に設定。「継続時間」は「2秒(普通)」のままです。
フリップ効果のオプションの「タイミング」タブで設定
プレビューすると、文字が1つずつ上からヒラヒラと舞い降りてきます。 ▶アニメーションの基本設定
文字が花のように舞い降りる動き

テキストが定位置に収まったら、両脇の桜の花が回転しながら小~元サイズへズームしてくるようにしてみましょう。

桜の花のイラストをControlキーを押しながら二つとも選択し、
桜の花の画像を二つとも選択
先ほどの「フリップ」と同様に「その他の開始効果」⇒「開始効果の変更」ダイアログを開き、「はなやか」にある「ピンウィール」をクリック。
開始効果の変更で「ピンウィール」をクリック
アニメーションウィンドウで上にくる方の桜の開始のタイミングを「直前の動作の後」に、下にくる方は「直前の動作と同時」に設定。他はデフォルトのままです。

スポンサーリンク

最終的なアニメーションウィンドウはこうなります。
最終的なアニメーションウィンドウ

▶このアニメーションをダウンロード ※テキストを書き換えて自由にお使い下さい。桜の花や背景の木が不要なら削除して下さい。この素材そのものを再配布することはご遠慮下さい。

Officeで作れるもの