Excel使いこなしの基礎と応用


Excelで表を作る|罫線の引き方いろいろ基本

罫線は表を見やすくする、見栄えを良くするために不可欠な要素です。枠線を太く目立たせたり、内側線を点線にしたり、全ての線を消すことも「罫線」の利用ワザの一つと言えるでしょう。基本操作さえマスターすれば、様々な応用が効いて楽しいですよ。

目次


罫線ボタンから一発クリックで引く簡単操作

数字と文字列が並んだだけの表に罫線を引いて見やすくしていきましょう。
罫線を適用する表のサンプル
まずは表全体をドラッグして選択し、表全体を選択
ホーム」リボンの「フォント」グループにある罫線」ボタン右横の小さな▼を押してプルダウンメニューを表示させます。
「罫線」ボタン
罫線のプルダウンメニュー左図の青線で囲ったエリアに、よく使う基本的な罫線のスタイルが並んでいますね。罫線を適用させる一番イージーな方法はこの中から適当なものを選んでクリックすることです。

ここではとりあえず枠全てを実線で仕切ってみることにして、「格子」をクリックします。
罫線「格子」を適用した表
選択を解除すると、表全体の枠が実線で仕切られたのが分かります。再度表全体を選択して、今度は「外枠太罫線」を選んでみると表の外枠が太い線で囲まれました。
外枠太罫線を適用した表
これだけでも十分に表らしい体裁になりましたね。細かいカスタマイズは後のことにして、自分がデータ入力しやすいように必要最小限の罫線を適用させたいだけなら、このくらいシンプルに留めておいてもいいかもしれません

スポンサーリンク

罫線を消すのも一発クリック

一度引いた罫線を消すのも簡単です。

線を引いた時と同様に表全体(または、消したい罫線のあるセル範囲)を選択し、「ホーム」リボンの「フォント」グループにある「罫線」ボタン右横の小さな▼を押してプルダウンメニューを表示。「枠なし」をクリック。
罫線プルダウンメニューから「枠なし」をクリック
選択された範囲の罫線は全て瞬時に消えます。

ダイアログボックスで外側線・内側線を一括でカスタマイズ

「セルの書式設定」ダイアログボックスにある「罫線」では、外側の縦線・横線、内側の縦線・横線とを同一画面で指定し、表の骨格となる罫線を一括で引くことができます。

コンテキストメニューからセルの書式設定をクリック罫線を適用したいセル範囲を選択して右クリック。

←メニューの「セルの書式設定」をクリック。

(「セルの書式設定」ダイアログボックスは「ホーム」タブの「フォント」「配置」「数値」各グループの左下隅にある小さな矢印をクリックしても表示され、「セル」グループ「書式」ボタン下▼から選んで表示させることもできます)

表示された「セルの書式設定」ダイアログボックスの「罫線」タブを開きます。

外枠・内側・縦線・横線を指定して罫線適用

罫線ダイアログボックスで外枠線を適用
1.
まず最初に線のスタイルと色を指定します。実線・破線・点線のスタイルから引きたい線種を選んでクリックすると、選ばれた線の下で横棒が点滅します。色はプルダウンメニューから選びます。
2.次に線のスタイルを適用したい枠のボタンをクリックします。例えば、外枠全体をグリーンの太い実線で囲いたい場合は、「プリセット」の「外枠」ボタンを押します。すると適用後の外枠線がプレヴューされます。

罫線ダイアログボックスで内側線を適用
内側の枠は縦線を赤色の中太線に、横線を青色の点線にしてみます(わかりやすくするため敢えて補色関係の色を選んでますが、実際の表作成では同系色でまとめた方がキレイです)

中太線と赤色を選んだら、プレヴュー周りの「内側・縦線」のボタンを押し、続いて点線と青色を選んでから「内側・横線」のボタンを押します。

スポンサーリンク

【枠ボタンの構成は以下のようになっています】
罫線ダイアログボックスの枠ボタンの構成図
適用後の表はこんな↓感じです。
罫線を適用後のサンプル表
大枠はいいとしても、修正したい箇所が幾つかありますね。次の章ではこの罫線に修正を加えていきます。

修正1|罫線の一部を消す

不要な線があるので、まずこれを消しましょう。
消したい罫線
消し対戦を含んだ二つのセルを選択「売上計」「経費計」と入力された二つのセル(C7とC16)をContrlキーを押しながら選択し、右クリックで開くメニューから「セルの書式設定」をクリックしてダイアログボックスを表示。

線のスタイルで「なし」を選び、「外枠・左縦線」のボタンをクリックします。
ダイアログボックスで罫線を消す操作
二つのセルの左端の縦線が消えました。
罫線を消した表

修正2|特定範囲の罫線のスタイルを変更

今度は、月が入力された行の下線を二重線にしてみましょう。
表の一番上の行をドラッグして選択、
サンプル表の一番上の行を選択
「罫線」のダイアログボックスを開き、線スタイルを二重線、色を赤に指定し、「外枠・下横線」をクリックして「OK」。
罫線のダイアログボックスで外枠の下横線に二重線を設定
表の先頭行の下線が二重線になりました。
二重線適用後の表
同様に、他のセルの幾つかの罫線スタイルも変更してみました。
※下の画像をクリックで拡大表示
「売上計」と「経費計」の行 ⇒ 中太線・赤・外枠の上横線
「売上原価」の行 ⇒ 中太線・緑・外枠の上横と下横線
「売上総利益高」の行 ⇒ 太線・緑・外枠の下横線
「営業利益」の行 ⇒ 太線・緑・外枠の上横線

罫線スタイルを変更したサンプル表
「罫線」の引き方の概要はつかめましたか? 次のページでは鉛筆カーソルでお絵かきするように線をなぞりながら引く方法を解説します。小さめの表とか、ちょこっとした修正にはとても便利な操作方法ですよ!

Officeで作れるもの