Excel使いこなしの基礎と応用


Excel2013 グラフ 凡例の文字を変える

「凡例」の項目名を編集する方法の主なものをまとめました。

目次


元の表データの項目名を変えれば凡例も変わる

グラフはデータ表から作成しますから、凡例名は表の項目名と一致しています。

当然のことながら、凡例に対応する元表の項目名を変えればグラフ中の凡例名も変わるわけです。

「4月」「5月」「6月」という表の月度名を「7月」「8月」…と変えていけば、この表から作成したグラフの凡例名も同時に変わります。
表データの項目名を変えればグラフの凡例名も変わる

グラフの凡例名だけを変えたい時は・・・

上記例の月度のように短い項目名ならいいのですが、商品名など長いものは意図しない位置で改行されたりして見栄えが悪くなる場合があります。

スポンサーリンク

といって、表では必要な情報を含んだ名称のまま使いたいというようなときは、グラフの凡例名だけを変えることができます。
長い凡例名のグラフ見本
上図のような長すぎる凡例を変えるには、「グラフツール」「デザイン」の「データ」グループにある「データの選択」ボタンをクリックします。
データの選択ボタン
データソースの選択」ダイアログボックスが開いたら、左側エリアの「凡例項目」に並んだ中から修正したい項目を選んで「編集」ボタンをクリック。
データソースの選択ダイアログボックス
系列の編集」ダイアログが開いたら、変更したい凡例名を打ち込みます。
系列の編集ダイアログで凡例名を入力
「OK」で「データソースの選択」ダイアログに戻り、他の系列も同様にして変更。
凡例の全ての系列を修正
グラフの凡例名が変わり、表の項目名はそのままです。
修正後のグラフと表

SERIES関数を修正して凡例名を変える

上記例の棒グラフでは凡例が3種類の「系列」に色分けされています。

スポンサーリンク

オレンジ色で示された「セットA」系列の棒を一つクリックしてみましょう。
グラフの系列をクリック
グラフの中の同系列の棒が全て選択され、同時に、数式バーに下図のような数式が出現していますね。
数式バーにSERIES関数
この、「SERIES関数」はグラフの系列を定義する関数です。


=SERIES(Sheet1!$B$2,Sheet1!$A$3:$A$5,Sheet1!$B$3:$B$5,1)
=SERIES(系列の名前,横軸の項目,数値,系列の並び順)


一見すればわかると思いますが、「データソースの選択」ダイアログを開かなくても、数式バーでカッコ内の最初のピンク部分を変更したい凡例名に変えればいいわけです。

=SERIES("セットA",Sheet1!$A$3:$A$5,Sheet1!$B$3:$B$5,1)
ダブルクォーテーション「""」に入れるのを忘れずに!

数式のカッコ内の最後にある数字を2や3に変えれば、凡例と棒の並び順も変えられるよ
SERIES関数を修正して系列の並び順を変える

▶凡例の移動と配置

▶グラフの作り方|全ての記事へ

Officeで作れるもの