Excel使いこなしの基礎と応用


Excel2013でグラフを作成・編集するなら書式設定の作業ウィンドウを常に表示させておく

グラフを作る時、それぞれのグラフ要素(タイトル・凡例・軸ラベル・目盛りなど)を素早く編集するために画面上に書式設定の作業ウィンドウを表示させておくことをお勧めします。グラフ内の各要素をクリックすると、作業ウィンドウがその要素の設定画面に切り替わり、表示非表示・配置・フォント・装飾デザインまで効率良く編集できます。

グラフ要素

グラフエリア

すべての要素を含んだグラフ全体を「グラフエリア」と呼びます。
グラフエリア
マウスカーソルが矢印の付いた十字形になっていて「グラフエリア」と文字アイコンがポップアップされているグラフエリアのポップアップ文字ところでクリックして選択します。

グラフエリアを選択した状態で右クリックし、表示されたメニューから「グラフエリアの書式設定」をクリック。
グラフエリアの書式設定を選択
画面上に「グラフエリアの書式設定」作業ウィンドウが現れます。
グラフエリアの書式設定ダイアログ
グラフエリアは普通の図形のように塗りつぶし、枠線、影や面取りなどの効果を付けられます。

プロットエリア

プロットエリア」はタイトルや項目名などを除いたグラフそのもののエリアです。図形などと同じようにコーナーからドラッグして拡大縮小することができ、位置を移動させることもできます。

スポンサーリンク

マウスカーソルが矢印の付いた十字形になり、「プロットエリア」と文字アイコンがポップアップされているプロットエリアのポップアップ文字ところでクリックして選択します。
プロットエリアを選択すると、
プロットエリアを選択
作業ウィンドウは「プロットエリアの書式設定」に切り替わります。
プロットエリアの書式設定

系列

グラフで同じ指標に属する要素です 。色分けされた中で同色で表示されるデータを「系列」と呼びます。
系列を選択
グラフで一つの色をクリックすると同系列の全てが選択され、作業ウィンドウが「データ系列の書式設定」に切り替わります。
円グラフの系列の書式設定棒グラフの系列の書式設定
棒グラフの「系列のオプション」タブ(上図右)では「棒の形状」から円柱や円錐、ピラミッド形などを選択することができ、円グラフのオプション(上図左)では一つの系列だけを切り離して目立たせるような設定もできます。

スポンサーリンク

」には項目名を表す横軸と数値を表す縦軸があります。
項目軸の選択
項目軸のオプションでは軸位置の他、テキスト軸か日付軸かを選べます。
項目軸の書式設定
数値軸の選択
数値軸のオプションでは、目盛りの間隔や単位などを設定できます。
数値軸の書式設定

軸ラベル

数値軸や項目軸を総括する名称です

軸ラベルを選択
軸ラベルの書式設定」ではラベルの文字を縦書にしたり、余白を設定したりできます。
軸ラベルの書式設定

凡例

系列に対応する項目名を箇条書した文字列です 。
凡例を選択
書式設定のオプションで位置を選ぶことができます。
凡例の書式設定の作業ウィンドウ
▶凡例の表示・移動・配置
▶凡例の名前を変える3種類の方法

グラフタイトル

説明はいりませんね 。
グラフタイトルを選択
オプションで配置や縦書き・横書き・回転などが設定できます。
グラフタイトルの書式設定
▶グラフのタイトルを効果的に魅せる書式と編集

データラベル

グラフデータに付ける文字列です。棒グラフの棒の中に数値を表示したり、円グラフの系列内に説明書きを入れたりできます。
グラフのデータラベルを選択
オプションでラベルの内容や表示形式を設定できます。
データラベルの書式設定

データテーブル

グラフ内に表示する元表データです 。どちらかと言えば表示しない方が多い要素です。
データテーブルを選択
オプションでは表の罫線を選べます。
データテーブルの書式設定

目盛り線

これも説明は不要ですね 。数値の目安になる横線です。
目盛り線を選択
図形と同様に色替えや効果設定ができます。
目盛り線の書式設定

▶グラフの作り方|全ての記事へ

Officeで作れるもの