Excel使いこなしの基礎と応用


棒と折れ線の基本的な2軸の複合グラフを作る

グラフの左右に異なった数値軸を設けて二つのグラフを表示させるのが「2軸グラフ」、種類の違う二つのグラフを共存させるのが「複合グラフ」です。数値の差が大きすぎるような二つのデータを比較できるのでとても有用。基本的な作成方法は簡単です。

目次


主軸が棒で第2軸が折れ線の複合グラフの作り方

複合グラフを作る表データ
Webサイトの月間PVと資料のダウンロード数の推移を棒と折れ線の複合グラフにしてみましょう。

スポンサーリンク

最初に決めておくのは、折れ線グラフにマーカー(●や■になった折れ線のジョイント部分・節)を付けるかどうか

折れ線グラフのマーカーが不要ならワンクリックで作成できる

表のセル範囲を全て選択し、「挿入」タブの「グラフ」グループに並ぶアイコンの中から「複合グラフの挿入▼」を押して、規定の組み合わせの真ん中の「集合縦棒-第2軸の折れ線」をクリックします。
複合グラフー組み合わせー棒と第二軸の折れ線を挿入するボタン
即座に複合グラフが作成されました。
作成されたマーカー無しの複合グラフ

マーカーが必要ならユーザー設定で

おすすめグラフ」ボタンか、「グラフ」グループの右下角にある小さな矢印をクリックすると、
おすすめグラフか小さな矢印をクリック
グラフの挿入」ダイアログボックスが開くので、「すべてのグラフ」タブに切り替えて、サイドメニュー一番下の「組み合わせ」をクリック、右上アイコンの左端「ユーザー設定の組み合わせ」をクリックします。
グラフの挿入ダイアログボックス
ダイアログの画面右下に系列名が表示されているはずですから、折れ線にしたい系列の「グラフの種類」▼ドロップダウンリストから「マーカー付き折れ線」を選び、第2軸」にチェックを入れます。

これで「OK」すれば、マーカー付き折れ線の複合グラフが作成されます。
マーカー付き折れ線の複合グラフが作成される

グラフデザインのアレンジ例

グラフの装飾をする場合は「グラフツール」「デザイン」タブの「グラフスタイル」からまずスタイルを選び、それをアレンジしていく形にするとスムーズです。

マーカーなし・スタイル8のアレンジ

マーカー無しの複合グラフに「スタイル8」を選んで適用させ、
グラフスタイルのスタイル8を適用
書式設定でアレンジしたサンプルです。
スタイル8を元に書式でアレンジしたマーカー無しの複合グラフ
グラフエリアと棒の塗りつぶしを線形グラデーション。
グラフエリアと棒のデータ系列にグラデーションを適用
数値軸の表示形式を「数値」にして、文字に角度を設定して斜めに変形。
数値軸の文字を斜めにする
目盛線の色をオーク系にして下外側に薄く影。
目盛線に影を適用

マーカー付き・スタイル5のアレンジ

マーカー付きの複合グラフに「グラフツール」「デザイン」タブの「グラフスタイル」から「スタイル5」を選んで適用させ、
マーカー付きの複合グラフにグラフスタイルのスタイル5を適用
書式設定でアレンジしたサンプルです。
スタイル5を元にしたマーカー付き折れ線の複合グラフを書式でアレンジ
グラフエリアの塗りつぶしをグリーン系の一番薄い単色、プロットエリアの塗りつぶしを次に薄い単色、棒の塗りつぶしをグリーンの基本色からグラフエリアに使った色へ下方向に流れる放射グラデーション。
データ系列の棒にグリーン系のグラデーションを適用
プロットエリアに3-D書式の面取り(上)を幅12pt、高さ4ptの「ソフトラウンド」、質感と光源はデフォルト。
プロットエリアに3-D書式の面取り(上)幅12pt、高さ4ptのソフトラウンド
棒に3-D書式の面取り(上)を幅3pt、高さ6ptの「丸」、質感「ダークエッジ」、光源「暖かい-朝」。
棒に3-D書式の面取り(上)丸・質感ダークエッジ・光源を朝に設定
目盛線の色を濃い目のグリーンにして、横線は下外側に、縦線は右外側に薄く影。

スポンサーリンク

折れ線は色を明るい赤にして、影を付け、3-D書式の面取り(上)を幅3pt、高さ3ptの「丸」、質感「メタル」、光源はデフォルト。
折れ線に影を設定折れ線に3-D書式の面取り(上)丸、質感メタルを適用
自分でアレンジする時の参考にして下さい。

▶プロットエリアの書式で額縁グラフをデザイン
▶グラフエリアの書式設定でグラフ上級度を一段上げる

▶グラフの作り方|全ての記事へ

Officeで作れるもの