Excel使いこなしの基礎と応用


Excel グラフの項目軸を修正

グラフの「項目軸」の修正例です。項目軸の基本的な変更方法――項目名を変更する方法、文字の向きと角度を変更する方法を図解しています。

目次


項目名を変更する

グラフの項目軸(通常横軸)をクリックして選択します。
※項目名の上を狙ってクリックしましょう。カーソルが矢印の付いた十字型になってる時にクリックするとプロットエリアが選択されちゃいます。
項目軸を選択する

範囲を指定して項目名を変える

項目軸の氏名をIDとか受験番号に置き換えるといった場合なら、元表に列を追加しておいて、範囲指定で一括変更します。

スポンサーリンク

項目軸を選択して、「グラフツール」の「デザイン」タブにある「データの選択」ボタンをクリック。
データの選択ボタン
データソースの選択」ダイアログが開いたら、右半分にある「横(項目)軸ラベル」の下の「編集」をクリック。
データソースの選択ダイアログで編集をクリック
軸ラベル」のダイアログボックスが開き、「軸ラベルの範囲」のテキストボックスの中の文字が選択されているので、
軸ラベルのダイアログボックス
そのまま、表の「ID」の範囲をドラッグして指定します。
表のID範囲をドラッグで指定
「軸ラベルの範囲」が変わり、
軸ラベルの範囲が変更された
グラフの項目軸に反映されました。
グラフの項目軸が変更された

項目名を直接入力して変更する

軸ラベルの範囲」に変更したい項目名を直接入力することもできます。

スポンサーリンク

その場合、項目1,項目2,項目3,項目4,項目5というように、半角カンマで区切って入力。

正確には、={"項目1","項目2","項目3","項目4","項目5"}と入力しますが、「ダブルクォーテーション⇒""」と「={}」は省略しても大丈夫です。
軸ラベルの範囲に項目名を入力
「OK」すると、「データソースの選択」の「横(項目)軸ラベル」に入力した項目名が並びます。
データソースの選択の項目名が変更された
項目軸の表示も変更されました。
グラフの項目軸に入力値が反映

項目を変形させる

項目名の向きや角度を変えてみましょう。

項目を縦書き(横書き)にする

項目軸を選択し、右クリックで「軸の書式設定」を選択。
軸の書式設定をクリック
「軸の書式設定」作業ウィンドウが開いたら、「文字のオプション」の「テキストボックス」アイコンをクリックし、「文字列の方向」右横の▼からドロップダウンさせたリストの「縦書き」をクリックします。
▶グラフを作成・編集するなら、常に作業ウィンドウを開いておく
軸の書式設定で縦書きを指定
項目軸が縦書きに変更されました。
グラフの項目軸が縦書きに変わった

項目を斜めにする

項目の角度を変えることもできます。但し、これは「縦書き」には使えません
「文字列の方向」を「横書き」にすると下に現れる「ユーザー設定の角度」の数値を設定して、項目名を斜めに配置してみましょう。
ユーザー設定の角度を設定
下図は「ユーザー設定の角度」を30°に設定した例。
ユーザー設定の角度を30°にした例
こちらは-45°に設定した例です。
ユーザー設定の角度を-45°にした例
▶凡例の名前を変える3種類の方法

▶グラフの作り方|全ての記事へ

Officeで作れるもの