Excel使いこなしの基礎と応用


数字を入力したら日付に変換されちゃった!…場合の対処法

打ち込んだまんまの数字でいいのに、スルッと日付に置き換わってしまう。これ、どうするんだっけ?…という問いに答えます。

例えば、住所の後半部分を「2-2-11」と入力したら、「2002/2/11」という日付に変換されてしまうというようなケースです。
住所の後半の数字を入力  数字が日付に置き換わった

目次


セルの書式設定で表示形式を「文字列」に指定する

対象セル、あるいは対象範囲を選択し、以下の(1)(2)いずれかの操作で「セルの書式設定」の「表示形式」を「文字列」にします。

(1)「ホーム」タブの「数値」グループにある表示形式の小窓の右端のを押して、
数値グループにある表示形式の小窓
文字列」を選択します。
表示形式の一覧から文字列を選ぶ

(2)セル範囲内で右クリックし、メニューから「セルの書式設定」を選んでダイアログボックスを表示させるか、Controlキーと1キーを同時に押してダイアログボックスを表示させ、「表示形式」を「文字列」に指定します。
セルの書式設定ダイアログボックスで表示形式を文字列に指定

これにより、入力した数値は文字列として認識され、キーボードで打ち込んだままに表示されます。

スポンサーリンク


既に日付に変換されちゃった入力値はどうする?

潔く削除して、表示形式を設定後に再入力しましょう。

上記の操作は「文字列」の指定が為されたセル範囲に新規で入力する場合に有用ですが、既に日付に変換されてしまったセルを「文字列」の指定で最初の入力値に戻すことはできません。

「2002/2/11」という日付に置き換わったセルの表示形式を「文字列」に変えてみても下図のようにシリアル値(時間の経過を数字に置き換えたもの)が表示されるだけです。
日付がシリアル値に変換

Officeで作れるもの