Excel使いこなしの基礎と応用


文字列を結合する「&」と「CONCATENATE関数」(Excel2016では「CONCAT関数」)

幾つかの文字列を結合させてセル内に表示させるには「&」か「CONCATENATE関数」を使います。例えば、分割された「姓」と「名」を「姓名」にまとめるような場合や、特定のセル内の文字列に説明文を付加して表示させたいというような場合です。

目次


「&」で文字列を結合表示

下図のように分割された「住所1」と「住所2」を一つのセル内にまとめて表示させたい場合、普通にセルを結合させてしまうと「住所1」の文字列だけが残り、「住所2」は消えてしまいますね。
二つのセル内の文字列を結合させる

そこで、結合演算子の「=アンパサンド」を使って、「J2」セルに「H2セル=住所1」と「I2セル=住所2」を連結させた文字列を表示させることにします。

「J2」セルを選択して「=」を入力します。 ▶計算式の冒頭の=を速攻で入力したい
数式バーに=を入力

「H2」セルをクリック。
住所1のセルをクリック

「&」を入力。
&アンパサンドを入力

「I2」セルをクリック。
住所2のセルをクリック

Enterを押せば完了。
文字列が結合された

数式は「=H2&I2」。更に連結させたい文字列があれば、「&」でつなげていけばOK。

="移転先は、"&H2&I2&" "&"です"」という数式にすれば、
更に文字列を連結させた
このように表示されます。

「CONCATENATE関数(CONCAT関数)」で結合表示

上記と同じ結果が得られる関数もあります。 Excel2013までは「CONCATENATE関数=コンカティネイト」。Excel2016では「CONCAT関数=コンカット」に置き換わっています。

「J2」セルを選択し、
連結させた文字列を表示させるセルをクリック

「数式」タブの「関数ライブラリ」から「文字列の操作」をクリックして一覧から「CONCATENATE」を選びます。
数式タブの文字列の操作からCONCATENATEを選ぶ
Excel2016では「CONCAT」 をクリック。
Excel2016ではCONCATを選ぶ

関数の引数」ダイアログボックスが開いたら、連結させたい文字列の入ったセルをクリックして指定するか、セル番号を入力します。
CONCATENATEの関数の引数ダイアログボックスでセルを指定
数式は「=CONCATENATE(H2,I2)」になります。

Excel2016の「CONCAT」でも同じ。
CONCATの関数の引数ダイアログボックスでセルを指定
数式は「=CONCAT(H2,I2)」。

更に文字列を加えたい時は、以下のように指定します。文字列の前後のダブルクォーテーション()は打ち込まなくても自動で付きます。
更に文字列を連結させたい場合の関数の引数ダイアログボックス
「テキスト4」には半角スペースを入れています。
更に文字列を連結させた表示サンプル
数式は「=CONCAT("移転先は、",H2,I2," ","です。")」となります。


「&」と「CONCATENATE関数」の違いって何?

ここで、誰もが思うこと。「」と「CONCATENATE関数」、どっちを使うべき?

」は数式を入力するのに慣れた人なら手早く作業できるので、使い勝手という点から言えば一択。これさえ覚えておけば通常の文字列の連結は大抵OKな感じ。

ということは、「CONCATENATE関数(CONCAT)」って要らない子?

数式手打ちじゃなくて、ダイアログ使うのに慣れてる人なら、むしろ関数の方が作業効率がいいと感じるかもしれません。

結論は・・・好みの問題・・・ってことで (^^;)b

▶日付や数値の連結にはTEXT関数を使う

Officeで作れるもの